とは学

「・・・とは」の哲学

ぶれない人とは

1.ぶれない人とは、
「お金があって、信念もある人」です。お金があるというのが第一条件です

2.ぶれない人とは、
「相手の攻撃を受けて立つ人」です。覚悟を決めている人です

3.ぶれない人とは、
「惚れっぽくない人」です。惚れっぽい人は、すぐに飽きるものです

4.ぶれない人とは、
「頑なな目的と固い信念を持ちながらも、目的以外のことは、世の中に柔軟に合わせて生きている人」です

プライドが高い人とは

1.プライドが高い人とは、
「自分の時間を売らない人」です。拘束されたり、束縛されたりするのを嫌う人です

2.プライドが高い人とは、
「資格、検定、家元など、人の虚栄心をくすぐり、競争心を煽る仕事に就いていることが多いもの」です。したたかな人です

3.プライドが高い人とは、
「自分の立場を守るために、平気でウソをつく人」です。謝りたくないからです

4.プライドが高い人とは、
「お金が貯まれば、さっさと引退すればいいもの」です。居続けると、みんなに迷惑をかけるものです

5.プライドが高い人とは、
「勝ちさえすればいいのに、勝ち方にこだわって、負けてしまうもの」です

泥臭い人とは

1.泥臭い人とは、
「きれいごとを言わないもの」です。世の中、きれいごとだけでは治まらないので、泥臭い人がリーダーに推されることになるのです

2.泥臭い人とは、
「付き合いが長く続くもの」です。清廉潔白な人とは、「付き合いが短く終わるもの」です

3.泥臭い人とは、
「今いる場所で、自分の道を見つけて、不平も言わずに頑張っている人」です。鈍感が長所になっている人です

4.泥臭い人とは、
「歳をとるごとに、『いい顔』になっていくもの」です

努力家とは

1.努力家とは、
「努力する以外に能がない人」です。悲しいけれど事実です

2.努力家とは、
「社会が安定しているときは報われるもの」です。しかし、「社会が不安定になれば損ばかりするもの」です

3.努力家とは、
「その先にあるラクのために我慢できる人のこと」です。人間は誰でも努力家です

4.努力家とは、
「無駄な努力をしないで、努力している人」です。無駄な努力をしている人は、ただの頑張り屋さんです

どちらでもない人とは

1.どちらでもない人とは、
「熱意のある人に引っ張られたいと、内心思っている人」です

2.どちらでもない人とは、
「いろんな意見を参考にしすぎて、決断できない人」です。この人たちは、結局、流れやすきところに流れるものです

3.どちらでもない人とは、
「『どちらかの人』の意見に圧倒されて、負けてしまうもの」です

4.どちらでもない人とは、
「大勢を決する人」です。この『どちらでもない』人に好かれることが、人気を上げるポイントです

たくましい人とは

1.たくましい人とは、
「厚かましいのに、さわやかな人」です。営業で求められているのは、そういう人です

2.たくましい人とは、
「目標をはっきり自覚している人、背負っている責任が重い人」です

3.たくましい人とは、
「人を巻き込むのが上手い人」です。そういう人に対しては、うなづきもせずに、黙っていたらいいものです

4.たくましい人とは、
「偉い人にも、悪い人にも、なるもの」です。邪な気持ちに傾けば、悪い人になるものです

5.たくましい人とは、
「いつも怒っているもの」です。反骨精神が旺盛で、エネルギーがあり余っているからです

誠実な人とは

1.誠実な人とは、
「本心を語る人」です。気遣うことや、丁寧に対応する人ではないものです

2.誠実な人とは、
「謝るべきときに、きちんと謝ることができる人」です

3.誠実な人とは、
「取っつきにくい人、可愛げのない人と思われるもの」です。誠実さを前面に出す人ではないものです

4.誠実な人とは、
「他人が幸せになれるようにと、願える人」です。妬んだり、恨んだり、しないものです

正直者とは

1.正直者とは、
「思ったことをためらわずに喋ってしまい、他人を傷つけてしまう人」です

2.正直者とは、
「本音と建前の使い分けができない『空気の読めない人』のこと」です

3.正直者とは、
「お世辞が言えない人のこと」です。自分の気持ちにウソをつけないからです

4.正直者とは、
「バカにされやすいもの」です。世渡りが下手だからです

5.正直者とは、
「歳をとるにつれ、だんだん人間嫌いになっていくもの」です

傲慢な人とは

1.傲慢な人とは、
「違う世代・違う階層・違う業界の人たちと話をしていない人」です

2.傲慢な人とは、
「スゴい人に会っていない人、競争相手を意識していない人、本もあまり読んでない人 」です

3.傲慢な人とは、
「世の中を広く知っていないし、深く知っていない人」です

4.傲慢な人とは、
「自分を格好よく語り始めるもの」です。格好をつけ始めるのは、落ちぶれていく前兆です

下品な人とは

1.下品な人とは、
「目上のものには、礼儀正しく、目下のものには、横柄な態度をとるもの」です。豹変する人です

2.下品な人とは、
「上品なものを身にまとっている人のこと」です

3.下品な人とは、
「ウソの話、大げさな話、不思議な話をよくするもの」です。話を半分にして聞くものです

4.下品な人とは、
「他人に恵んでもらって、惨めだと思わない人」です。おまけに、感謝もしない人です

5.下品な人とは、
「どこにでもいるもの」です。上品な人とは、「あまりいないもの」です。大衆を相手にするときは、「下品」になれないとできないものです

緊張しやすい人とは

1.緊張しやすい人とは、
「あせる人、あわてる人」です。つまり、度胸のない人です

2.緊張しやすい人とは、
「『恥の精神』に過剰反応してしまっている人」です。自分のことを注視している人なんていないものです

3.緊張しやすい人とは、
「精神が集中できていない人」です。勝つことよりも、勝ち方にこだわったほうが、精神が集中できるものです

4.緊張しやすい人とは、
「間の取り方が下手な人」です。間を取るための時間稼ぎの方法を見つけることです

きれいごとを話す人とは

1.きれいごとを話す人とは、
「高みの見物が好きな人」です。現場で、泥にまみれて働いてないので、どこか浮ついているものです

2.きれいごとを話す人とは、
「カネに汚い人が多いもの」です。表と裏が違うものです

3.きれいごとを話す人とは、
「見栄っ張りな人」です。見栄っ張りは、金銭欲が強いものです

4.きれいごとを話す人とは、
「『きれい者』同士で集まりたがるもの」です。その仲間たちは、やがて現実離れした集団になっていくものです