とは学

「・・・とは」の哲学

批判とは

1.批判とは、
「自分のことを棚に上げないとできないもの」です。批判する人は、人格者ではなく、二重人格者です

2.批判とは、
「自分の愚かさに気づいていない人でないと、できないもの」です。批判する人は、ナルシストです

3.批判とは、
「地に足が着いている人には、できないもの」です。批判する人は、青二才です

4.批判とは、
「自分のほうが偉いんだと、暗に言っていること」です。大人げないものです

5.批判とは、
「共通点ではなく、相違点を探すのが得意な人がよくするもの」です。皮肉屋に多いものです

6.批判とは、
「正論と思っていても、そのほとんどが、嫉妬由来のもの」です

7.批判とは、
「自己主張の裏返しのようなもの」です。自分に都合のいい『他人の考え』を引用する人が多いのは、そのためです

8.批判とは、
「どうしたらよくなるかを提言できる人しか、言ってはいけないのがルールのもの」です

9.批判とは、
「悪印象のレッテルを貼って行えば、その声を世間に拡大できるもの」です。卑怯なやり方です

10.批判とは、
「次の目標が見つかっていない人が、よくするもの」です。そういう人は、成長が止まった人です。真剣に聞かなくてもよいものです

11.批判とは、
「批判される人の立場に立てば、できなくなるもの」です。特定の人を批判する人は、思いやりのない人です

12.批判とは、
「安心して批判できる人にいっせいに向けられるもの」です。いじめと同じ構造です

13.批判とは、
「言葉の暴力」です。集団で相手をボコボコにすれば、気持ちがよくなるから、しているだけです

14.批判とは、
「個人に向けて、してはいけないもの」です。社会を憂い、義憤に駆られて、世の中に対してするものです

15.批判とは、
「しても自分を変えられないが、されると自分を変えるきっかけになるもの」です

16.批判とは、
「近くの人にすべきもの」です。遠くの知らない人にしかできないのであれば、しないほうがましです

17.批判とは、
「組織の中にいれば、なかなかできないもの」です。組織の外にいる人がしてあげるものです

18.批判とは、
「ほとんど気にしなくてもいいもの」です。真摯に聞くのは、信用できる人からのものだけでいいのです

[ 2017/06/15 08:00 ] 批判とは | TB(0) | CM(0)

悪口とは

1.悪口とは、
「相手を妬むがゆえに、思わず口にしてしまったもの」です。悪口を言った時点で、相手に負けたことになるのです

2.悪口とは、
「嫉妬心が原因のもの」です。まるで自分の卑しさを言いふらしているようなものです。恥ずかしいことです

3.悪口とは、
「人生の目標を失った人の戯言」です。愚痴とは、「人生の目標を失いつつある人の戯言」です

4.悪口とは、
「自分にとって都合の悪いことを口走っているだけのもの」です

5.悪口とは、
「自分のほうが偉いと言ってるようなもの」です。相手のほうが偉いと言って、お金をもらうものが商売です。悪口は貧乏の始まりです

6.悪口とは、
「口にした途端、相手に弱みを握られることになるもの」です

7.悪口とは、
「人づてに聞かされると腹が立つもの」です。ほめ言葉とは、「人づてに聞かされるとうれしいもの」です

8.悪口とは、
「外に向けて発したとき、仲間内の結束を高めるもの」です

9.悪口とは、
「収入や出世に影響が出ないならば、言えばいいもの」です

10.悪口とは、
「みんなの前で言う人は、陰では言わないもの」です。「みんなの前で言わない人は、陰で言うもの」です

11.悪口とは、
「裏表のない人が、言うもの」です。悪口を言う人は、案外いい人です

12.悪口とは、
「みんなの前で、笑いに包んで、こっそり言えばいいもの」です

13.悪口とは、
「愛情がこもっていれば、最高のほめ言葉になるもの」です

[ 2017/06/14 08:00 ] 悪口とは | TB(0) | CM(0)

ウソとは

1.ウソとは、
「劣等感の強い人、勝ち目のなくなった人がつくもの」です

2.ウソとは、
「貧しい環境で育った人が成功しようとして、思わずついてしまうもの」です

3.ウソとは、
「身を滅ぼすよりも、身を護る効果のほうが大きいもの」です。成功しようと思ったら、上手にウソを使うことです

4.ウソとは、
「力の弱いものが強いものに対して使う護身術」です

5.ウソとは、
「ついているとき、具体的な表現が減り、抽象的な表現が増えるもの」です

6.ウソとは、
「ついているとき、冷静になろうと意識するので、感情的な口調や表現が減るもの」です

7.ウソとは、
「ついているとき、平静を装いつつも、ためらってしまい、間が空くもの」です

8.ウソとは、
「近くの人は見破れても、遠くの人は見破れないもの」です。だから、直接会ったことのない人の言うことを、信用してはいけないものです

9.ウソとは、
「誰も損をしていないならば、見逃してあげるもの」です

10.ウソとは、
「言うだけならば、責任を問わなくてもいいもの」です。「モノとして証拠が残ったならば、厳しく責任を問えばいいもの」です

11.ウソとは、
「他人のためにつくのは、止むを得ないもの」です。「自分のためにつくのは、ほどほどがいいもの」です

12.ウソとは、
「0を100に言うこと」です。大袈裟とは、「10を100に言うこと」です。ウソは偽りだが、大袈裟は、人をその気にさせるので、悪くはないものです

13.ウソとは、
「相撲の『引き技』のようなもの」です。勝てると思い、引いてしまうと、逆につけ込まれて負けるもとになるものです

[ 2017/06/13 08:00 ] ウソとは | TB(0) | CM(0)

やる気とは

1.やる気とは、
「『できそうだ』と思わないと、起きてこないもの」です。さらに、「『もっといいことがありそうだ』と思わないと、続かないもの」です

2.やる気とは、
「『夢・目標』『金銭欲』『評価・認知欲求』『プライド』『危機感・競争意識』『責任感』から生まれてくるもの」です

3.やる気とは、
「怒りがもとになっているもの」です。社会への怒り、自分への怒りをバネにしてみんな成長していくものです

4.やる気とは、
「不自由なところから脱け出したいという衝動」です。自由を満喫していたら、やる気は起きてこないものです

5.やる気とは、
「わがままにならないと、湧いてこないもの」です。「他人に合わせて生きるのを止めると、湧いてくるもの」です

6.やる気とは、
「自分で決めないと、生まれてこないもの」です。そして、「失敗しないと、生まれてこないもの」です

7.やる気とは、
「世の中の変化に合わせて、どう手を打つべきかがわかったときに、起きてくるもの」です

8.やる気とは、
「羨望の眼差しを受けることで、より高まってくるもの」です。スター気分に浸ることも大事です

9.やる気とは、
「お金も大事だけど、公正な評価や表彰も伴わないと、起きてこないもの」です

10.やる気とは、
「恐怖心から生まれたものより、好奇心から生まれたもののほうが、長続きするもの」です

11.やる気とは、
「全力投球しすぎると、続かないもの」です。力を残しながら、続けていくべきです

12.やる気とは、
「小さな目標を立てる人にあるもの」です。小さな目標を達成すれば、次の大きい目標を立てるので、やる気が継続するものです

13.やる気とは、
「なぜできなかったのかと反省する人だけが、持続できるもの」です

14.やる気とは、
「飽きないように工夫しないと持続できないもの」です。飽きはやる気の大敵です

15.やる気とは、
「頼られ、せかされないと、続かないもの」です。つまり、責任と期限が必要になるものです

16.やる気とは、
「強制、命令、監視によって、どんどん失くなっていくもの」です

17.やる気とは、
「目標が間違っていたことに気付いたとき、一気に失せるもの」です。悲しいものです

18.やる気とは、
「やる意味を見つけられなくなったとき、失せていくもの」です

19.やる気とは、
「やる気のない人が傍にいれば、なくなっていくもの」です。やる気のなくなった人から離れることです

[ 2017/06/12 08:00 ] やる気とは | TB(0) | CM(0)

自信とは

1.自信とは、
「カラ元気とデカい声とニコニコ顔があれば、あるように見えるもの」です

2.自信とは、
「顔に出るもの」です。信念とは、「目に表れるもの」です。勇気とは、「言葉に出るもの」です

3.自信とは、
「理念や目的を空想することで、実力以上のものを生ませるもの」です

4.自信とは、
「自惚れの一歩手前のもの」です。近くに自惚れを忠告してくれる人が必要です

5.自信とは、
「成長していたら、それが自惚れであっても、構わないもの」です

6.自信とは、
「勘違いしているということ」です。でも、勘違いでもしないと前に進めないものです

7.自信とは、
「誰かを助け、何かを育てた人に、表れてくるもの」です。役に立つ実感が自信を作るのです

8.自信とは、
「自己主張が他人に受け容れられたときに、持てるもの」です

9.自信とは、
「小さな成功の積み重ねによって、高まるもの」です。「一度の大きな失敗によって、なくなるもの」です

10.自信とは、
「自慢できる何かがいっぱいある人が持っているもの」です

11.自信とは、
「うしろめたさのないこと」です。自分をさらけ出さないと、自信は生まれてこないものです

12.自信とは、
「将来の不安がなくなってくれば、ついてくるもの」です。お金を貯めるのが、自信をつける手っ取り早い方法です

13.自信とは、
「ゲン担ぎ、ルーチン行動、お守りによって、より高められるもの」です

14.自信とは、
「文化と伝統と歴史と哲学によって、育まれるもの」です。バックボーンがあれば、自信が持てるものです

15.自信とは、
「他人を支配できる道具になるもの」です。人は自信に圧倒されるからです

16.自信とは、
「自分を信じられること」です。信用とは、「他人に信じられること」です。自信のない人は、信用も得られないものです

17.自信とは、
「なければ、人を誠実にし、あれば、人を不誠実にしていくもの」です

[ 2017/06/09 08:00 ] 自信とは | TB(0) | CM(0)

人生とは

1.人生とは、
「お金があるから、考えられるもの」です。お金のない人の人生観は歪むものです

2.人生とは、
「お金を稼ぐために、大半の時間を使ってしまうもの」です。大金持ちの家に生まれた人は、お金を稼ぐ時間が不要なので、人生を得するものです

3.人生とは、
「『衣食住』を確保できた後は、暇をつぶしていたらいいもの」です

4.人生とは、
「『健康』と『少々のお金』と『知的探求時間』があれば、それだけで十分」です

5.人生とは、
「自由を手に入れることを目的にするもの」です。しかし、みんなお金を手に入れることが目的になり、自由を犠牲にしてしまうものです

6.人生とは、
「一生懸命働いてお金を稼ぐよりも、お金を使わずに楽しむ術を身につけたほうが、その価値が高まるもの」です

7.人生とは、
「楽しければそれでいいもの、幸せであればなおいいもの」です

8.人生とは、
「他人に大きな迷惑をかけない限り、したいことを好きなようにやればいいもの」です

9.人生とは、
「モテることを楽しみにするもの」です。お金よりもずっと素敵なことです

10.人生とは、
「伸びそうなもの、見落とされているものを発掘し、それが次第に評価が高まるの見て楽しむもの」です。つまり、入れあげればいいのです

11.人生とは、
「刺激と安らぎを何度も繰り返すこと」です。安らぎだけでは、面白くない人生になるものです

12.人生とは、
「『仕事』『雑用』『調理洗濯掃除』『睡眠食事入浴』と『それ以外』の時間のこと」です。『それ以外』の時間の使い方で決まるのが人生です

13.人生とは、
「自分の貴重な時間を『高く売れるか』『安く売ってしまうか』のどちらかのもの」です。安売りしては後悔するものです

14.人生とは、
「真っ白で生まれ、いろんな色で塗り固められ、それをまた剥がして、真っ白に戻していくこと」です

15.人生とは、
「死ぬまでの猶予期間」です。その期間を楽しく使ったものが勝ちです

16.人生とは、
「死んだらお終いになるもの」です。この世は、死んでいない人たちがつくる戯れです

17.人生とは、
「寿命が長くなるにつれ、『どう生きるか』よりも『どう死ぬか』のほうが大事になってくるもの」です

18.人生とは、
「最後には、生まれてくる前に戻っていくもの」です。きれいに、戻っていくことです

19.人生とは、
「生きた記録を残して、次世代の参考にしてもらうこと」です

20.人生とは、
「欲望を、歳とともに減らしていくゲームのようなもの」です。でも、ゼロにはできないものです

21.人生とは、
「不平等に生まれ、公平に生きながら、平等に死んでいくプロセスのこと」です

22.人生とは、
「二十歳までは不平等なもの」です。生まれる家を選べないからです。でも、五十を過ぎれば、みんな平等です。ハンディを克服するのが人生です

23.人生とは、
「遺伝と環境と努力によって決まるもの」です。遺伝と環境の良くない人は、報われると信じて、努力するしかないものです

24.人生とは、
「ほとんど『運』で決まるもの」です。それを言えばお終いなので、努力の大切さが強調されるのです

25.人生とは、
「不公平なもの」です。社会に出れば、その不公平を憂わずに、慣らしていくものです

26.人生とは、
「くじ引きのようなもの」です。どの国の、どんな家に生まれ、誰と結婚したかが『はずれ』たとしても、それ受け容れないといけないものです

27.人生とは、
「ラグビーボールのように、どっちに転ぶかわからないもの」です。転んだ先で楽しめばいいものです

28.人生とは、
「偶然の出来事が節目になるもの」です。その節目を生かすも殺すも自分次第です

29.人生とは、
「『運』をつかまえられるように、待ち受けておくもの」です。そうして、『運』がつかめなくても、『不運』と思わないことです

30.人生とは、
「賢くなること」です。昨日よりも賢くなっていればいいものです

31.人生とは、
「学んで、学んで、死んでいくこと」です。勉強することばかりです

32.人生とは、
「体験して、悟るもの」です。体験の少ない人が、人生を語ってはいけないものです

33.人生とは、
「発見すること」です。発見が多いと、人生は楽しくなるものです

34.人生とは、
「自分の脳と世間の脳が混ぜ合わさって、できあがっていくもの」です。自分の脳をもっと応援してあげるべきです

35.人生とは、
「目標に向かって、突き進んでいるときが、一番気持ちいいもの」です。思い出に残るのは、そういうときです

36.人生とは、
「前半生は『できること』を考えて、後半生は『できないこと』を考えて、生きていくもの」です

37.人生とは、
「物語を自作自演するところ」です。いい脚本を書かないといけないものです

38.人生とは、
「『いい顔』になることを目標とするもの」です。顔には人生が表れるからです

39.人生とは、
「時間を考えて、生きるもの」です。目標、計画、期限を設定して、生きていくのもいいものです

40.人生とは、
「行き先が決まらないと始まらないもの」です。行き先を早く決めた者の勝ちです

41.人生とは、
「しなければならない何かを求めて、見つけて生きていくこと」です

42.人生とは、
「目標が決まることで充実するもの」です。目標に向かっていけば、世間体なんか気にせず、なりふり構わずに生きていけるからです

43.人生とは、
「円錐の頂上を目指して、らせん状の階段昇っていくようなもの」です。頂上は見えていても、なかなか、たどり着けないものです

44.人生とは、
「何に照準合わせたかで決まるもの」です。年齢が来たら、照準(お金、仕事、自由、時間、家庭、健康など)を見直すものです

45.人生とは、
「本当に欲しいものを見つけていくこと」です。ほとんどの人が、欲しいものが『モノ』で終わってしまうからです

46.人生とは、
「自己暗示のかけ方によって決まるもの」です。いい暗示はお守りになるものです

47.人生とは、
「自己ベストを更新し続けること」です。昔が恥ずかしく思える人は、自己ベストを更新している人です

48.人生とは、
「すねたら負け、ひがんでも、妬んでも負けのもの」です。恨んだり、憎んだりしたら大負けになるものです

49.人生とは、
「飼い犬になるか、番犬になるか、野良犬になるかを、選ばないといけないもの」です

50.人生とは、
「『事業主か専門職になって、自立して食べていく』か、『仕事を選ばず、無駄遣いもせずに、食べていく』かのどちらかを選ぶもの」です

51.人生とは、
「『好きな仕事を死ぬまでする』『並みの収入で好きでもない仕事を定年までする』『生涯収入以上を短期間で稼ぐ』かのどれかを選ぶもの」です

52.人生とは、
「将棋の駒ではなく、棋士になってこそ満喫できるもの」です。いくら飛車角や金銀のような優秀な駒になっても、所詮、駒は駒です

53.人生とは、
「結果よりプロセスを味わうもの」です。早くから一番になるよりも、一番を狙える位置で、チャンスを見て、最後に一番を狙うくらいがいいものです

54.人生とは、
「タイミングが重要なもの」です。5W1Hで、一番大事なのはWHENです

55.人生とは、
「リセットしなくても、価値観や尺度を変えたら、いくらでもやり直しができるもの」です

56.人生とは、
「はまり役を演じ続けること」です。はまり役が見つかるまでは試行錯誤の連続です

57.人生とは、
「自分にふさわしく生きること」です。分相応が大事なものです

58.人生とは、
「自分にとって価値あるものに早く気づかないと、後悔するもの」です

59.人生とは、
「自分の頭の中にあるものと、世の中に実際にあるものがぶつかり合って、出来上がったもの」です

60.人生とは、
「『いいねえ』『よかったよ』と言われるように、そして、それをお金に換えられるように、奮闘努力する道」です

61.人生とは、
「人と交わりつつ、人から隠れつつ、過ごしていくもの」です

62.人生とは、
「俗の世界に生きながら、俗から離れていくこと」です

63.人生とは、
「付き合ってきた人たちを思い出せば、わかるもの」です。自分の人間関係史を振り返ることです

64.人生とは、
「戦いに何度も挑んで、通算勝ち星を増やしていくこと」です。勝率にとらわれていては前に進んでいけないものです

65.人生とは、
「小さな選択と小さな勝負の積み重ねで構成されてきたもの」です。白黒をはっきりさせないと、先に進まないものです

66.人生とは、
「正しい選択をしたかどうかで決まるもの」です。でも、正しい選択をするには、お金が必要となることが多いものです

67.人生とは、
「今いるところで頑張るか、新天地を求めるかで、大きく変わるもの」です。悩まないといけないのは、そこです

68.人生とは、
「給料明細書と家計簿によって、振り返ることができるもの」です。お金は正直です

69.人生とは、
「恥を上塗ってきた歴史のこと」です。トラウマだらけのものです

70.人生とは、
「『希望』と『期待』と『思い込み』で、失敗を繰り返してしまうもの」です。死ぬまで治らないものです

71.人生とは、
「解決できないことが、次々に起こって、解決できずに死んでいくもの」です

72.人生とは、
「貧病争から抜け出そうとしながら、悩み苦しむもの」です。いいときは少ないものです

73.人生とは、
「そのほとんどの日が、辛くて、苦しくて、悲しいもの」です。幸せを感じる日など数えるほどしかないもの」です

74.人生とは、
「過去に生きても(あのときはよかった)、未来に生きても(いつかそうなれば)報われないもの」です。報われるのは現在に生きているときだけです

75.人生とは、
「家を建てるときがピークのもの」です。その後からは、守っていくばかりになるものです

76.人生とは、
「貧乏で、暇がない人は、考えなくてもいいもの」です

77.人生とは、
「無意味なものとわかっていても、意味あるものと言いきかせて生きていくもの」です

78.人生とは、
「生きてみせること」です。そのためには、強くならないといけないものです

[ 2017/06/08 08:00 ] 人生とは | TB(0) | CM(0)