とは学

「・・・とは」の哲学

ウソつきとは

1.ウソつきとは、
「自分の利益を最大にしようとするもの」です。利益に焦点をあてれば、ウソは見抜けるものです

2.ウソつきとは、
「系統立てて、躍起になって説明してくるもの」です。あせりと自信のなさがどこかに出るものです

3.ウソつきとは、
「長々と話すもの」です。本当のことを言う人は、短く話すものです

4.ウソつきとは、
「『ウソはつかない』と言う人」です。頑張らない人とは、「『頑張ります』と言う人」です。軽々しく言葉を発する人は、信用できないものです

5.ウソつきとは、
「そのまま放っておいたら、大ウソつきになっていくもの」です。そうなってから、叩けばいいのです

愛想のいい人とは

1.愛想のいい人とは、
「本心を隠そうとする人に多いもの」です

2.愛想のいい人とは、
「得しようと考えているもの」です。無愛想な人とは、「損得など考えていないもの」です

3.愛想のいい人とは、
「目と口元であいさつするのがうまい人」です

4.愛想のいい人とは、
「相槌の打ち方がうまいもの」です。相槌はヨイショと同じようなものです

笑いとは

1.笑いとは、
「恥ずかしかったことを、恥ずかしがらずにしゃべると、とれるもの」です

2.笑いとは、
「自分の弱さをさらけ出し、相手に優越感を与えたなら、簡単にとれるもの」です

3.笑いとは、
「自分に降りかかる不幸が、絶好のネタになるもの」です。不幸をおいしく思えたら一人前です

4.笑いとは、
「『笑わす』には腕がいるけど、『笑われる』には弱点・欠点・失敗談をさらけ出すだけで、とれるもの」です

5.笑いとは、
「オーバーなリアクションやおどけたふりをするだけで、簡単にとれるもの」です

6.笑いとは、
「警戒心と嫉妬心を解くために必要なもの」です。笑わしてくれる人は、しっぽをふってくる犬とよく似て、カワイイものです

7.笑いとは、
「ホンネを悟らせないために使うもの」です。笑いで、たいていは誤魔化せるものです

8.笑いとは、
「人間関係の潤滑油」です。もし、笑わすことも、、笑われることも苦手だったら、笑顔をふるまえばいいのです

歴史とは

1.歴史とは、
「後の世代が、判断ミスを犯さないように、うそ偽りなく伝え記すもの」です

2.歴史とは、
「普遍のこと、不変のものを知るためにあるもの」です。それらは判断の基準になるものです

3.歴史とは、
「自分の考えに確信を持つために学ぶもの」です。歴史を学べば、自信がつくものです

4.歴史とは、
「人間の本質について学べるもの」です。人間の本質は有史以来、何も変わっていないものです

5.歴史とは、
「そこに登場してくる人たちの性格や心の動きを想像して、愉しむもの」です

6.歴史とは、
「失敗した人たちにスポットを当てて学ぶと、役に立つもの」です。失敗した人たちには共通項があるからです

7.歴史とは、
「本モノと偽モノを見極めるのに、役に立つもの」です

8.歴史とは、
「流れで学ぶもの」です。流れを知れば、未来が見えてくるものです

9.歴史とは、
「新技術によって、書き換えられるもの」です。新技術をいち早くものにした人が、その時代を制するのです

旅行とは

1.旅行とは、
「数日間の『出家』のようなもの」です。趣味とは、「数時間の『出家』のようなもの」です

2.旅行とは、
「買いたいものがなくなったときの、次の大きな贅沢品」です

3.旅行とは、
「冒険心と好奇心のある人がするもの」です。守りに入った人は、旅行はあまりしないものです

4.旅行とは、
「話すネタをたくさんつくってくれるもの」です。それで、会話が弾むものです

理性とは

1.理性とは、
「野性を飼い馴らすためのもの」です。野性を否定するためのものではないのです

2.理性とは、
「『肌に合わない』『虫の好かない』『違和感を覚える』といった気分を分析するために使うもの」です

3.理性とは、
「感情を文章で表現するときに必要なもの」です

4.理性とは、
「消費の額と量を減らすもの」です。倹約は、理性の乏しい人には難しいものです

喜びとは

1.喜びとは、
「長くて苦しい旅の道中に出くわしたオアシスのようなもの」です。でも、そこでずっと休むわけにはいかないものです

2.喜びとは、
「対象に浸っている、その瞬間にあるもの」です。つまり、自分だけの贅沢な時間の中にあるものです

3.喜びとは、
「発見したとき、発掘したとき、発明したときに感じるもの」です

4.喜びとは、
「人を喜ばせようとして、喜ばれたときに感じるもの」です

5.喜びとは、
「すぐに忘れるもの」です。怒りとは、「なかなか忘れられないもの」です。喜ばせるよりも、怒らせないことです

[ 2018/08/27 08:00 ] や・ゆ・よ・とは | TB(0) | CM(0)

豊かな社会とは

1.豊かな社会とは、
「たくさんの選択肢の中から、自由に選べる社会のこと」です

2.豊かな社会とは、
「貧しくない社会のこと」です。同様に、自由な社会とは、「不自由でない社会のこと」です。幸せな社会とは、「不幸でない社会のこと」です

3.豊かな社会とは、
「経営者、技術者、学者、政治家、官僚、マスコミ、宗教者のレベルが高い社会」です。この人たちを競争させると、社会が発展するものです

4.豊かな社会とは、
「みんなが賢い社会のこと」です。賢くなると、政治のレベルが高くなるものです。そのお返しに、生活レベルも高くなるのです

[ 2018/08/24 08:00 ] や・ゆ・よ・とは | TB(0) | CM(0)

やりがいとは

1.やりがいとは、「待ち望んでいる人がいなければ、起きないもの」です

2.やりがいとは、
「求められること、請われることで生まれるもの」です

3.やりがいとは、
「給料や労働条件だけでは生まれないもの」です。ゲーム性や競争性によっても、生まれてくるものです

4.やりがいとは、
「なかなか見つからないもの」です。その場合、お金と出世を『やりがい』にするものです

5.やりがいとは、
「辛い仕事を乗り切るために必要な言葉」です。でも、労働の目的は、お金を稼ぐことにほかならないものです

[ 2018/08/23 08:00 ] や・ゆ・よ・とは | TB(0) | CM(0)

優しさとは

1.優しさとは、
「競争することを卒業できた人だけが持てるもの」です

2.優しさとは、
「立場が上の人が持てば、効果があるもの」です。目上の人に声をかけられたり、怖そうな人から優しくされると、人は喜ぶものです

3.優しさとは、
「一人でポツンといる人に、声をかけてあげること」です

4.優しさとは、
「人の望みを叶えてあげること」です。これほど大きな優しさはないものです

[ 2018/08/22 08:00 ] や・ゆ・よ・とは | TB(0) | CM(0)

目標とは

1.目標とは、
「初めに大雑把なものを立て、やっていくうちに、具体的なものに絞っていくもの」です

2.目標とは、
「達成できにくくなれば、次の新たな目標を計画すればいいもの」です

3.目標とは、
「他人が立てたものは、実行しようとしないもの」です。自分で立てて、自分で書き出すことで、実行できるものです

4.目標とは、
「『損が出ない額』までだったら、本人に決めさせるもの」です。上が出しゃばったら、下のやる気は失せるものです

5.目標とは、
「小さなものは、一人で達成できるもの」です。大きなものは、多くの人の助けを借りないと、達成できないものです

6.目標とは、
「短期の場合は一人で、長期の場合はチームで行動すれば、達成しやすいもの」です

7.目標とは、
「いま優先すべき順位を、示してくれるもの」です。つまり、近道を教えてくれるのです

8.目標とは、
「達成のために注意が集中するので、恥や外聞を鈍感にさせてくれるもの」です

魅力とは

1.魅力とは、
「近づいてこないものに、感じるもの」です。魅力あるものには、自ら積極的に近づいていくものです

2.魅力とは、
「謎めいた部分を小出しにして、謎めいた雰囲気を保つことで、ずっと維持できるもの」です

3.魅力とは、
「制限によって、保っていくもの」です。視界、数量、時間、場所などを巧みに制限することです

4.魅力とは、
「バランスが少し崩れているところに、感じるもの」です。危うさがあったほうがいいものです

5.魅力とは、
「個性と自信によって生まれるもの」です。個性と自信を保つためには、人の意見をあまり聞かないほうがいいものです