とは学

「・・・とは」の哲学

生きるとは

1.生きるとは、
「自分が食えるようになること、相手に食われないようにすること」です

2.生きるとは、
「まずカネになることをやって、その稼いだカネで、好きなことをやること」です

3.生きるとは、
「どう生きたらいいかを意識しながら、短い人生を全うさせていくこと」です

4.生きるとは、
「時代や世間に自分を合わせること」です。そして、それを悲しまないことです

5.生きるとは、
「自分のエゴを隠し続けること」です。だから、他人のエゴもそっとしておくものです

6.生きるとは、
「旅をするようなもの」です。変化を受け容れる人は旅をし、拒む人は旅をしないものです

7.生きるとは、
「自分の居場所を見つけていくこと」です。今の場所で頑張るだけでは能がないものです

8.生きるとは、
「矛盾を統一していくこと」です。矛盾には、あまり目くじらたてないほうがいいものです

9.生きるとは、
「死ぬまで生活する」ことです。働くとは、「カネを稼ぐこと」です。そのことに意味をつけたがるのが人間です

10.生きるとは、
「自分のタネをいっぱい残して、死んでいくこと」です。ただ、それだけのことです

[ 2017/05/16 08:00 ] 生きるとは | TB(0) | CM(0)

老後とは

1.老後とは、
「頭のいい人と悪い人の『頭脳格差』がますます拡大していく時期」です

2.老後とは、
「『お金』と『教養』を用意しておかないと、つまらなくなるもの」です

3.老後とは、
「『好奇心を保ち』『孤独に耐え』『書に親しみ』『趣味を持ち』『質素に暮らす』ことで、満喫できるもの」です

4.老後とは、
「経済主義と利己主義からやっと離れられる時期」です。つまり、新たな人生をスタートできる時期です

5.老後とは、
「『偉そうにし』『不安になって』『義理を大切にする』ことで、つまらなくなるもの」です

6.老後とは、
「余計なものを削りとる時期」です。それが許される時期です

7.老後とは、
「自己を完成させていく時期」です。だから、老後には、読書が欠かせないものです

8.老後とは、
「『お金』『健康』『家族』の変化に合わせて、その都度、設計し直すもの」です

9.老後とは、
「自分から誘わなくても、誘われたら、出かけていったほうがいいもの」です

10.老後とは、
「自分でつくったものが売れて、小遣い稼ぎができれば、うれしいもの」です

11.老後とは、
「賞味期限のようなもの」です。「消費期限ではないもの」です

[ 2017/05/15 08:00 ] 老後とは | TB(0) | CM(0)

結婚とは

1.結婚とは、
「お金に対する考え方が似ている相手を選ぶのが一番の条件になるもの」です

2.結婚とは、
「二人で会社を新しく起こすようなもの」です。社員は優秀なほうがいいものです

3.結婚とは、
「気の合う人を選ぶか、条件面で合う人を選ぶか、悩むもの」です。そういう場合は、幸せな家庭を営んでいけそうな相手を選ぶべきです

4.結婚とは、
「自分の欠点を補い、自分の弱点を支え、自分の長所を認めてくれる相手とすべきもの」です

5.結婚とは、
「生活の心配をしなくてもいい人は『愛』が条件」です。「生活が心配な人は『お金』が条件」です。お金は結婚の条件まで変えてしまうのです

6.結婚とは、
「お金のためにしても悪くはないもの」です。相手のことが好きでなくても、嫌いでなければいいのです

7.結婚とは、
「女性に美しさを求めすぎも、男性にカネを求めすぎてもいけないもの」です。結婚には、いろんな角度から異性を見る眼が必要です

8.結婚とは、
「生涯において得する相手を選ばないといけないもの」です。一瞬の見栄を満足させる相手とするべきではないのです

9.結婚とは、
「子供をきちんと教育できる賢い相手とするもの」です

10.結婚とは、
「いい父親になれそうな人、いい母親になれそうな人とするもの」です

11.結婚とは、
「いい遺伝子を残したいためにするもの」です。美しさ、頭の良さ、芸術的センス、身体能力など、思いはさまざまです

12.結婚とは、
「男の場合、先行きが明るくなったとき、女の場合、先行きが暗くなったときに考えるもの」です

13.結婚とは、
「プラスの条件にあたる人をじっくり待つよりも、マイナスの条件にあたらない人と早目にするもの」です

14.結婚とは、
「いい相手に告白されたら、すぐに決めるもの」です。最初の人と比較してしまうと、その後、決められなくなるからです

15.結婚とは、
「男は迷わず決めるが、女は迷って決められないもの」です。適齢期の魅力的な男が常に不足するのは、そのためです

16.結婚とは、
「性格が違っていても、趣味が同じ相手としたほうが、満足度が高くなるもの」です

17.結婚とは、
「忙しい人の場合、調理師(料理)よりも、マッサージ師(健康)、税理士(カネ)、カウンセラー(心)になってくれる相手を選んだほうがいいもの」です

18.結婚とは、
「成功したい人の場合は、叱咤激励するキツイ相手とするのがいいもの」です。慰めてくれる優しい相手とすると、夢が露と消えてしまうからです

19.結婚とは、
「『人間は不平等』と認めないとできないもの」です。能力も収入も低く、見た目も良くない人は、早めに、条件を下げないといけないものです

20.結婚とは、
「容姿に自信がない人には、お金が必要なもの」です。お金がないと、思いどおりにいかないものです

21.結婚とは、
「自分のレベルを棚上げして、相手のレベルばかり考える人には、難しいもの」です

22.結婚とは、
「株を買うようなもの」です。臆病な人は、思い切って買えないものです

23.結婚とは、
「自分が選んだ人への責任を負わされるもの」です。目が節穴では、結婚なんかできないのです

24.結婚とは、
「幻想によって結ばれるもの」です。結婚後に続々と隠しごとが出てきても、仕方ないとあきらめるものです

25.結婚とは、
「価値観の違いと生活習慣の違いを話し合って、解決していく試行錯誤の場」です

[ 2017/05/12 08:00 ] 結婚とは | TB(0) | CM(0)

マスコミとは

1.マスコミとは、
「野次馬根性をカネにしている卑しい人たち」です。彼らの軽薄な、実況主義、流行主義、権威主義、結果主義に惑わされないことです

2.マスコミとは、
「危機感と不安感を煽って、庶民からカネを巻き上げている人たち」です。テレビ、新聞、広告代理店だけでなく、タレント、評論家も同罪です

3.マスコミとは、
「人々の情動を煽り、カネ儲けする人たち」です。情動は短期的なものだから、マスコミに長期的な見解を求めるのは間違いです

4.マスコミとは、
「騒ぎ立てるのが商売」です。騒ぎが終われば、すぐに手のひらを返す奴らです

5.マスコミとは、
「両極端に振れさせ、話題を演出して儲けるもの」です。だから、マスコミに出る奴らの意見を信じてはいけないものです。奴らは共犯者です

6.マスコミとは、
「対立構造をつくって、煽って儲けるのが仕事」です。アウフヘーベン(反対論を高次統合)などないものです。堂々巡りで終わるだけです

7.マスコミとは、
「『一番』や『スター』を煽り立て、そこに注目させて儲ける業界」です

8.マスコミとは、
「新しい話題に飛びつき、それに飽きたら、次の話題を見つけ、飛び立つのが仕事」です。節操のないお調子者がマスコミに集まるのです

9.マスコミとは、
「小さな世論を見つけ、大きな世論に膨らまそうとする人たち」です

10.マスコミとは、
「エリートに嫉妬する大衆を味方につけようとするもの」です。マスコミのミスリードは世の不幸を招くものです

11.マスコミとは、
「不正を摘発するためにあるもの」です。不正摘発力の衰えたマスコミは、存在している意味などないのです

12.マスコミとは、
「権力団体の腐敗を摘発するのが役目のもの」です。マスコミに広告を入れる団体は、怪しいと考えていいものです

[ 2017/05/11 08:00 ] マスコミとは | TB(0) | CM(0)

イメージとは

1.イメージとは、
「色、光、風、香り、音、声、笑いを使うことで、暗から明、陰から陽へ一変させる力があるもの」です

2.イメージとは、
「鉄、コンクリート、プラスチックが多いと、冷たく無機質になるもの」です。それらを、紙、布、木、石などの有機物で覆うと温かくなるものです

3.イメージとは、
「視覚に訴えるもの」です。衣装、建物、内装などは、そのための道具です

4.イメージとは、
「映像で伝えるもの」です。考え方とは、「言葉や音声で伝えるもの」です。すぐに影響を与えるのは前者、ずっと影響を与えるのは後者です

5.イメージとは、
「見た目によるものと、噂によるものがあるもの」です。見た目の演出以上に、伝説やエピソードなどの噂の演出が大事です

6.イメージとは、
「チョイ出しぐらいで、よくなっていくもの」です。「モロ出しでは、よくならないもの」です

7.イメージとは、
「一度よく思ってしまうと、いい面ばかりが目につくもの」です。「悪く思ってしまうと、悪い面ばかり目につくもの」です

8.イメージとは、
「最後に会ったときの印象が大きいもの」です。最後に悪印象を与えてしまった人には、すぐに会って釈明すべきです

9.イメージとは、
「初対面では決まらないもの」です。初対面後の礼状やメールが重要なものです

10.イメージとは、
「相手に合わせることで、どんどんよくなっていくもの」です。大切なのは便乗することです

11.イメージとは、
「敵を悪役に仕立てることができれば、よくすることができるもの」です

12.イメージとは、
「虚業で働く人が大切にするもの」です。虚業の世界で生きるには、虚勢を張って、虚言を駆使して、虚像をちらつかせることです

[ 2017/05/10 08:00 ] イメージとは | TB(0) | CM(0)

アイデアとは

1.アイデアとは、
「重労働の『きつい』仕事、不衛生な『汚い』仕事、命にかかわる『危険な』仕事をすれば、現場に転がっているもの」です

2.アイデアとは、
「予算もギリギリ、期限もギリギリのときに、浮かんでくるもの」です

3.アイデアとは、
「才能のある人は期限がぎりぎりになって、湧いてくるもの」です。「才能のない人は期限がぎりぎりになっても、湧いてこないもの」です

4.アイデアとは、
「制限を加えることで生まれるもの」です。庭一面に咲く花より、部屋に一輪の花を飾るほうが、美しく見えるものです

5.アイデアとは、
「短縮、省略、追加、逆転、交換など、固定概念を覆すことで、生まれるもの」です

6.アイデアとは、
「ラクして目標を達成してやろうと考える人から出るもの」です。不純な人のほうがアイデアをよく出すものです

7.アイデアとは、
「マニュアルを破り、常識を捨てた後で、浮かんでくるもの」です

8.アイデアとは、
「新しいもの、珍しいもの、奇抜なものが好きな、変人に湧いてくるもの」です

9.アイデアとは、
「自分と考えの違う奴、つまり、嫌な奴と議論することで得られるもの」です

10.アイデアとは、
「知識をムダに増やしていくよりも、いろんな人と話す機会を増やしていくほうが、得やすいもの」です

11.アイデアとは、
「机に座っていても浮かばないもの」です。動き回り、飛び回ると、浮かんでくるものです

12.アイデアとは、
「どうやったら実現できるかまで、考えておかないと、カネにできないもの」です

[ 2017/05/09 08:00 ] アイデアとは | TB(0) | CM(0)