とは考

「・・・とは」「・・・人とは」を思索

『気配り王になる!-一目おかれる人の秘密の法則』知的生活追跡班

気配り王になる!―一目おかれる人の秘密の法則気配り王になる!―一目おかれる人の秘密の法則
(2006/10)
知的生活追跡班

商品詳細を見る

組織や集団の中で生きていくには、「空気を読む」ことも重要ですが、それ以上に大事なのが、「気配り」です。

気を読むだけでなく、気を配るという行動が必要になってきます。この「気配り」は、組織の中で出世していくためには、「能力」以上に求められます。

世の出世術の本の多くは、サラリーマンでない人が書いています。したがって、「能力の高め方」に重点を置いた内容になっています。

独立して生きていくためには、「気配り」より「能力」ですが、組織の中で生きていくためには、「能力」より「気配り」です。

しかし、「気配りの高め方」という本はありません。意外に、「気配り」は、学問的に体系化されていません。

この本は、500円のワンコイン本ですが、気配りについて、深い内容のことが書かれています。結構お得な本です。

この本の中で、深く思えた箇所が15ほどありました。「本の一部」ですが、紹介したいと思います。



・引き合わせた人同士が、その後頻繁に接触していることを耳にしたら、紹介者は疎外感を覚える。こういう場合、紹介者に報告するというアフターフォローを忘れてはいけない。「スジを通す」という気配りが必要

・言葉の間違いや思い込みを人前で赤っ恥をかかせないように相手に気配りするには、その場では、気づかぬフリでやり過ごし、あとで二人きりのときに「みんなよく間違えます。自分も間違えていたんですけど、本当は・・・」とそっと言う

・年長者に聞く気を伝えるときは、ヘタな相槌を打つよりもメモを取るのがいい

酒が飲めない人は、皆に気を遣わせないための気配りが必要。「ウーロン茶で酔えますから、みなさん遠慮なくどうぞ」と飲めないけど酔える宣言をすればいい

・人は間接的にほめられたときに、最もうれしく感じる。逆に、最も不快になるのは、間接的に自分の悪口を聞いたとき

人の目を見て話すときのポイントは「両目から鼻の間くらいを見る」「10秒以上は見続けない」の二つ

・反対意見は、「確かにその通りです。ただ、この案も面白いかと思うのですが、いかがでしょうか?」のように「クエスチョン方式」で言う

・自慢話をしたあと、失敗談や苦労話を添えれば、中和を図ることができる。失敗談は、自慢話をするときに付け加える、話のデザート

・後輩が失敗したとき、いちばんの良薬になるのが、自分の失敗談。カッコ悪い失敗談、情けなくて笑える失敗談ほど、部下は安心し、心が次第に晴れてくる

・「この話、前にしたことなかった?」と相手が気づいたとしても、「聞いたような気もしますが、面白い話は何度聞いてもいいです」のように応じる

・噂の輪の中に入ってしまった場合、「そんなことより」「ところで~」と別の話題を切り出し、少しでも抜け出す気配りをする。うまくいかなかった場合は、トイレに立ったり、電話をかけに行くなどしてその場を離れる工夫をする

上司が遅刻してきた場合、「ああ、よかったです。時間を間違えたかと思って慌てちゃいました」くらい、やんわり言うのが気配り

・気配り上手は、喜び上手感謝上手。「うれしい!」「ありがとう!」の言葉が自然に出てくるもの

・メールの分量は、相手に合わせていく。返信メールの文字量はフィフティ・フィフティがベストバランス

・返信メールが繰り返されないように、「返事はいいよ」「今日はこのへんで、おやすみ」など、たった一言を最後に付け加えて、自分から終了宣言して、相手の負担を軽くする

・人と一緒にいても電話が鳴ると平気で出て話し始め、しかもなかなか切らない人がいる。携帯と仲良くしすぎるほど、今そこにいる人との人間関係が冷える



「どうしたら、いちばん喜ばれるか」「どうしたら、場が盛り上がるか」「どうしたら、恥をかかせなくてすむか」「どうしたら、相手の負担を軽くできるか」「どうしたら、嫌われないですむか」

こういう考え方を頭に入れて、気配り上手の上司や先輩の行動を観察すると、気配り技を現場学習することができます。

それが積み重なってくると、自然と自分の「気配りの型」ができあがってきます。型ができあがってくると、スマートな気配りができるようになります。

この本のタイトルのように、「気配り王になる!」と思うことが、すべての出発点です。気配り王は才能ではなく、努力だけでなれるように思います。

この本は、気配り下手だと思っている人にとっては、お得な内容ではないでしょうか。
[ 2010/06/11 08:16 ] 出世の本 | TB(0) | CM(1)
気配り
人の親に敬意を表し隣人愛ですね。(^-^;
[ 2010/08/11 15:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL