とは学

「・・・とは」の哲学

相談とは

1.相談とは、
「自分の考えが正しいことを確認しに来るもの」です。正しさの『太鼓判』をもらって、背中を押してくれるのを望んでいるのです

2.相談とは、
「『正しさ』を聞きに来るわけではないもの」です。説教されたくはないのです

3.相談とは、
「同調してほしいから来るもの」です。だから、相談者の意見に逆らわないことです

4.相談とは、
「具体的なアドバイスをしなくても、『○○なの?』『わかる、わかる』『私もそう思うわ』と言うだけで、いいもの」です

5.相談とは、
「まず、相手の話を整理し、相手がわからないうちに、適切な方向に導くこと」です

6.相談とは、
「相手の話をよく聞いて、相手が自分で解決できるように導くこと」です

7.相談とは、
「相手の苦労話、自慢話が終わった後に、そっと一言添えるのがいいもの」です

8.相談とは、
「お金の絡む内容が大半のもの」です。相談員は、お金で苦労した人でないと務まらないものです

9.相談とは、
「相手が後でスッキリした顔になるのがいいもの」です。相手のためになったかどうかは、二の次です

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL