とは学

「・・・とは」の哲学

謙虚さとは

1.謙虚さとは、
「したたかさの裏返しのようなもの」です。成功者は、みんな謙虚です

2.謙虚さとは、
「失敗したときに叩かれないための保険のようなもの」です

3.謙虚さとは、
「絶頂期にこそ必要なもの」です。絶頂期とは、足を引っ張られる確率の高い危険な時期です

4.謙虚さとは、
「危険を察知したときに、やっと芽生えてくるもの」です

5.謙虚さとは、
「慣れによって、蝕まれ、そして奪われていくもの」です

6.謙虚さとは、
「遅刻、悪口、言い訳、文句の多い人に、欠けているもの」です

7.謙虚さとは、
「『申し訳ない』と感じること」です。傲慢さとは、「『かわいそうに』と思うこと」です。同じように見えても、大きく違うものです

8謙虚さとは、
「自分も社会の歯車の一つに過ぎないと考えられるようになって、初めて生まれてくるもの」です

9.謙虚さとは、
「次の目標を見失った人に欠けてくるもの」です。『これでいいんだ』は、謙虚さの赤信号です

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL