とは学

「・・・とは」の哲学

感謝とは

1.感謝とは、
「対人関係において、将来への期待を隠しながら、過去に対して行っていくもの」です

2.感謝とは、
「『今まで』よりも、『これから』に対しての思惑が大きいもの」です

3.感謝とは、
「ずっと忘れずにいて、後でするもの」です。ずっと昔のことを感謝されたら、誰でも喜ぶものです

4.感謝とは、
「タダですむ『お返し』」です。モノやサービスを受け取ったら、感謝の言葉を連発しておくことです

5.感謝とは、
「立派な人は要求しないもの」です。「並みの人は、それを声に出して言うように要求するもの」です

6.感謝とは、
「充たされた人にとっては、してもらっても、してもらわなくても、どうでもいいもの」です

7.感謝とは、
「『してもらったこと』『迷惑をかけたこと』を思い出して初めて、生まれてくるもの」です

8.感謝とは、
「本人の前でこそっと言うもの」です。大勢の人を前にして言えば、その思惑がみんなに勘ぐられてしまうものです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL