とは学

「・・・とは」の哲学

教養とは

1.教養とは、
「ウソを見抜く術として役に立つもの」です。つまり、自分を守る術になるものです

2.教養とは、
「人に騙されないために、身につけていくもの」です。確かな生活を送るのに、教養の力は侮れないものです

3.教養とは、
「非常時、臨時、想定外時に役に立つもの」です。平素は、引き出しにしまっておくものです

4.教養とは、
「カネと時間と努力がなければ、身につかないもの」です。時間と努力を労働に費やしていたら、教養ある人間にはなれないものです

5.教養とは、
「歴史・文化・伝統を学ぶことで深まるもの」です。まずは、身近なもののバックボーンとアイデンティティに興味を持つことです

6.教養とは、
「その人の性格、生き方を現わすもの」です。雑談によって、その人の教養を探ってみることです

7.教養とは、
「慎み深くて、謙虚な人を生み出すもの」です。教養は、信用の源になるものです

8.教養とは、
「上流階級の共通言語であり、上流階級へのステップになるもの」です。上流階級を目指す人には、避けて通れないものです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL