とは学

「・・・とは」の哲学

隠居とは

1.隠居とは、
「カネ、名声、権力から距離を置けるようになった人」です。言わば、「特権階級」です

2.隠居とは、
「組織の序列や世間の目から自由になった人」です。つまり、「不自由から解放された人」です

3.隠居とは、
「世間に迎合しないで、自分の思い通りに生きられるようになった人」です

4.隠居とは、
「仮面を被らなくても、素顔で生きられるようになった人」です

5.隠居とは、
「お金を貯めた老人への褒美となる地位のこと」です

6.隠居とは、
「搾取してきた人が、それまでの生き方を反省し、搾取せずに、生きていこうとすること」です

7.隠居とは、
「自分のためだけに時間が使えるようになった人」です

8.隠居とは、
「世を捨てた人」です。しかし、世間の人には、世に捨てられたように見えるものです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL