とは学

「・・・とは」の哲学

頭の悪い人とは

1.頭の悪い人とは、
「『先例』と『ルール』と『主義』で決めつけてくる人」です。つまり、頭の固い人です

2.頭の悪い人とは、
「ものの見方、頭の使い方が一元的な人」です。頭のいい人は、多元的な人です

3.頭の悪い人とは、
「人にはそれぞれの価値観があるということを何度言ってもわかってくれない人」です

4.頭の悪い人とは、
「精神論をぶちたがるもの」です。こういう人は、時代の変化についていけなくなるので、リーダーに不向きです

5.頭の悪い人とは、
「記憶にないことは、自分に都合のいい情報で埋めてしまう人」です

6.頭の悪い人とは、
「木を見て森を見ない人」です。並びに、「森を見て木を見ない人」です

7.頭の悪い人とは、
「真理を探求するのが面倒くさい人」です。つまり、科学的思考のない人です

8.頭の悪い人とは、
「マニュアルに従ったほうがいいもの」です。頭のいい人とは、「直感に従ったほうがいいもの」です

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL