とは学

「・・・とは」の哲学

死とは

1.死とは、
「おしまいのこと」です。来世やあの世があるなどと思わないことです。あるのはこの世だけです

2.死とは、
「生まれてくる前に戻ること」です。死んだ後のことなど、誰にもわからないものです

3.死とは、
「自分にとっては、大きなことだけども、世間にとっては、大したことではないこと」です

4.死とは、
「他人が思うほど、本人にとって、かわいそうなものではないもの」です

5.死とは、
「生まれたときから、すでに始まっているもの」です。早いうちに、死ぬまでの間をいかに生きるかを考えるべきです

6.死とは、
「欲望や希望と同じように、人間を動かす要因となるもの」です

7.死とは、
「生きる意味をなくしてしまったとき、早く訪れるもの」です

8.死とは、
「損する、負ける、クビになる、ふられる、とは次元が違うもの」です。悩んだら、『死ぬわけでもないし』と考えることです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL