とは学

「・・・とは」の哲学

忠誠心とは

1.忠誠心とは、
「それを誓ったほうが得になるから、そうしているだけのもの」です

2.忠誠心とは、
「お金をくれたら、以後誓うもの」です。「くれなかったら、以後誓わなくてもいいもの」です

3.忠誠心とは、
「あるふりをするもの」です。演技力をつけないといけないものです

4.忠誠心とは、
「その昔、忠誠なんかしていなかった人が説くもの」です

5.忠誠心とは、
「理不尽な命令を素早くやることで、その証しにするもの」です。つべこべ言わずに早くやれば、評価が上がるものです

6.忠誠心とは、
「組織の健全な批判精神を蝕んでいくもの」です。気がつけば、周りがみんなイエスマンになっているものです

7.忠誠心とは、
「依存心の強い偽善者ばかりを増やすもの」です。景気がいいときはいいけれど、悪くなれば、そんな組織は一挙に崩れてしまうものです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL