とは学

「・・・とは」の哲学

効率とは

1.効率とは、
「現場を観察し、分析することによって、高められるもの」です。データだけを見ても、高められないものです

2.効率とは、
「短期的なものよりも、長期的なものに重きをおくもの」です。『持続』は長期的効率です

3.効率とは、
「他業界のやり方を真似るか、先行業者のやり方を改良することで、高まるもの」です

4.効率とは、
「見切ることで高まるもの」です。時間、場所、モノ、カネなど見切れるものを、目を皿にして探すことです

5.効率とは、
「抽象的表現(いっぱい、たくさん、かなり等)を、具体的表現(何人、何個、何円、何秒、何坪、何%等)に換えることで、高まるもの」です

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL