とは考

「・・・とは」「・・・人とは」を思索

講演とは

1.講演とは、
「聞いている人に映像が見えるように、話すもの」です。それには、自分も映像が見えていないといけないものです

2.講演とは、
「聞いてる人の頭の中に入り込んで話すもの」です。だから、聞く人の目を見て、微妙な『間』を取らないといけないものです

3.講演とは、
「体験と観察を積めば、面白く話せるようになるもの」です。巧みな話術よりも、数多くの体験と観察です

4.講演とは、
「実体験を章立てし、ツカミとオチを考え、少しの笑いを放り込めば、誰にでもできるもの」です

5.講演とは、
「前半に、話を引っ張り、後半に、話し切れない状態にするのがテクニック」です。話が早く終わりそうになって、あせるのを防ぐためです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL