とは学

「・・・とは」の哲学

金(ゴールド)とは

1.金(ゴールド)とは、
「世界中の人たちが共通認識している『通貨』」です。金利は付かないけれど、各国の『通貨』を補完し、世界中の欲望を吸収しているものです

2.金(ゴールド)とは、
「宝飾、工業製品、投資としての価値があるもの」です。さらに、世界中どこでも交換できる『通貨』としての価値もあるものです。万能です

3.金(ゴールド)とは、
「太古の昔より、人類の虚栄心を満たし続けてきた金属」です。お金の価値を担保するのに向いているのは、そのためです

4.金(ゴールド)とは、
「ドルが担保にする最強の通貨」です。ドルとは、「円が担保にする通貨」です。円とは、「単なる通貨」です

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL