とは学

「・・・とは」の哲学

集団とは

1.集団とは、
「精神的な『シンボル』と、徴収したカネを分配する『権力者』がいないと、まとまらないもの」です

2.集団とは、
「金字塔を建てておかなければ、崩壊していくもの」です

3.集団とは、
「身内の猜疑心によって、崩れていくもの」です。建て直すには、外部への敵愾心を煽るのが手っ取り早い方法です

4.集団とは、
「競争相手を決めて、対決構造を示せば、結束力が自然と高まるもの」です

5.集団とは、
「結束を固めるためには、異質の人間を排除し、協調性を強いてくるもの」です

6.集団とは、
「独自のしきたりや慣習によって絆を形成していくもの」です。しかし、外部と付き合う上で、そのしきたりや慣習は弊害になるものです

7.集団とは、
「メンバーが親しくなればなるほど、外部の人間を敵とみなし、排除するもの」です

8.集団とは、
「属していない人たちを否定することで、自己正当化を図ろうとするもの」です

9.集団とは、
「依存する人たちがいることで、秩序を維持できるもの」です

10.集団とは、
「トップが提供する旨味を享受したい人たちの群がり」です

11.集団とは、
「リスクを最小限に抑えるシステム」です。集団にいたほうが、お金と情報を得るのに好都合です

12.集団とは、
「大きく勝負するための保険になるところ」です。集団内で評価を固めておけば、外に勝負に出て、失敗したとしても、帰る場所になるものです

13.集団とは、
「実業じゃない仕事(科学者、芸術家、スポーツ選手など)の人たちを支援することで、その力量が示されるもの」です

14.集団とは、
「利己的な人々が集まった組織」です。だから、集団の意見はあまり聞かないほうが無難です

15.集団とは、
「世の中の良し悪しで判断せず、自分たちの良し悪しで判断するもの」です

16.集団とは、
「身内の希望的観測に支配されやすいもの」です。仲のいい集団ほど、外部の血が必要です

[ 2017/07/18 08:00 ] 集団とは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL