とは学

「・・・とは」の哲学

思想とは

1.思想とは、
「邪悪な考えが心の中に入ってくるのを防ぐためにあるもの」です

2.思想とは、
「自己正当化のために使われるもの」です。悪い奴ほど、思想をよく語るものです

3.思想とは、
「大衆をある方向に誘導させたいがために、つくられるもの」です

4.思想とは、
「世の矛盾を解消するために使われるもの」です。国家は思想で塗り固めようとするので、それを真に受けないことです

5.思想とは、
「必ずしも行動と一致しなくてもいいもの」です。知行合一というのは、人間が矛盾した存在であることを考えていない言葉です

6.思想とは、
「世の中や時代に合うものだけが、正しいもの」です。思想は、時代や世の中に利用されやすいからです

7.思想とは、
「時代と環境によって形づくられるもの」です。昔と同じことを頑なに唱える人を疑ってみるものです

8.思想とは、
「行動に現れてくるもの」です。行動に現れていない思想は、疑ってみることです

9.思想とは、
「小集団においては、先鋭化するもの」です。大集団においては、数とお金の力に屈服するものです

10.思想とは、
「伝えようとすることで、まとまるもの」です。他人に、正確に、話そう、書こうとしたら、自分の考えを整理しないといけなくなるからです

11.思想とは、
「批判に何度も晒されることで、まとまっていくもの」です。批判は思想を育てるものです

12.思想とは、
「新技術の発明によって発展した社会から、生まれてくるもの」です

13.思想とは、
「環境に規定されるもの」です。それゆえ、他国の思想を安易に導入してはいけないものです

[ 2017/07/07 08:00 ] 思想とは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL