とは学

「・・・とは」の哲学

勇気とは

1.勇気とは、
「どん底を味わった人、逃げ場のなくなった人に湧いてくるもの」です

2.勇気とは、
「最悪の事態を覚悟したときに生まれてくるもの」です

3.勇気とは、
「失うものが何もなくなって、今からスタートだと思ったときに、湧いてくるもの」です

4.勇気とは、
「恐怖に立ち向かう強い意志と意欲のこと」です

5.勇気とは、
「不運、不遇、不幸を追いやるときに、必要なもの」です

6.勇気とは、
「恥をかいて、なにクソと思ったときに、湧いてくるもの」です

7.勇気とは、
「人に悪く言われても、自分が正しいと思う道を進もうとするときに必要なもの」です

8.勇気とは、
「世間を敵に回したときに、必要になってくるもの」です

9.勇気とは、
「目標を同じくする人たちと団結することで、より高まってくるもの」です

10.勇気とは、
「強い使命感があれば、持てるもの」です。自分だけしかやれないと思い込むことです

11.勇気とは、
「身近な人のことを助けたい、守りたいと思ったときに、湧いてくるもの」です

12.勇気とは、
「プラスになりそうなことを実行するとき、マイナスになりそうなことを拒否するときに、必要なもの」です

13.勇気とは、
「前進するときよりも、停止するとき、後退するとき、撤退するときのほうが、より必要になってくるもの」です

14.勇気とは、
「地位と反比例するもの」です。人は地位が高くなれば、それを守ろうとして、勇気が萎えてくるものです

15.勇気とは、
「一度だけで終わってしまうもの」です。幾度の試練を乗り切るためには、『信念』が必要です

16.勇気とは、
「信仰と洗脳によって、起こさせることができるもの」です。信仰と洗脳は、恐れと不安は取り除くからです

[ 2017/07/03 08:00 ] 勇気とは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL