とは学

「・・・とは」の哲学

嫉妬とは

1.嫉妬とは、
「三流の人が、二流の人にするもの」です。「一流の人にはしないもの」です

2.嫉妬とは、
「自分もそうなれていたかもしれない人に向けるもの」です。「絶対になれなかった人には向けられないもの」です。むしろ尊敬するものです

3.嫉妬とは、
「集団内で競争した結果、負けた奴が勝った奴に感じるもの」です。その勝者が身近な者であるならば、なおのことです

4.嫉妬とは、
「とことん強い相手にはしないもの」です。「見ず知らずの相手にもしないもの」です

5.嫉妬とは、
「見栄っ張りで、自慢したい奴が、自分より少し上にいる人にするもの」です

6.嫉妬とは、
「高位にいる人を引きずり降ろそうとする感情」です。革命のもとになるものです

7.嫉妬とは、
「目につくから、その感情が起きるもの」です。お金持ちは、目立たず上手にお金を使わないと、嫉妬されるものです

8.嫉妬とは、
「優れた人の足を引っ張るもの」です。嫉妬から逃れるためには、失敗談、欠点、どん底時のエピソードを披露しておくことです

9.嫉妬とは、
「カネのある奴、モテる奴がずるいことをしているのを見たときに、沸いてくる感情」です

10.嫉妬とは、
「自分が勝つことよりも、相手が負けることを願う気持ち」です。そんなことを思う奴は成功できないものです

11.嫉妬とは、
「相手を自分のレベルに引き下げようとする気持ち」です。自分勝手な奴が起こす感情です

12.嫉妬とは、
「劣等感を減らすための心の作用」です。嫉妬深い人は、強い劣等感の持ち主です

13.嫉妬とは、
「自分が認められてないことへの不満が募った感情」です

14.嫉妬とは、
「あきらめきれない、未練がましい人が持つ感情」です

15.嫉妬とは、
「自分を不幸に思っている奴が持つ感情」です。そういう人には、あまり近づかないことです

16.嫉妬とは、
「相手より数段上に成長できれば、解消していくもの」です。自分の力不足が嫉妬を起こさせているのです

17.嫉妬とは、
「されたら、みんな嫌なもの」です。豊かなのに、嫉妬する人は、社会にとって罪深い存在です

18.嫉妬とは、
「正の感情(負けたくない気持ち)と、負の感情(引きずり降ろしたい気持ち)に分かれもの」です。負の感情の嫉妬は有害です

19.嫉妬とは、
「誰も得しない『非生産的』行為」です。放っておいたら社会が破壊されていくからです

20.嫉妬とは、
「公正な判断を狂わせ、創造の芽を奪っていくもの」です。嫉妬にとりつかれた人は、一生を棒にふるものです

21.嫉妬とは、
「自分の人生も相手の人生も後退させるもの」です。寛容とは、「自分の人生も相手の人生も前進させるもの」です

22.嫉妬とは、
「その人の『人間性』に向けられるもの」です。「その人の『評価』には向けられないもの」です

23.嫉妬とは、
「恥の意識とともに、日本人の心理を複雑にしているもの」です

[ 2017/06/27 08:00 ] 嫉妬とは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL