とは学

「・・・とは」の哲学

悪口とは

1.悪口とは、
「相手を妬むがゆえに、思わず口にしてしまったもの」です。悪口を言った時点で、相手に負けたことになるのです

2.悪口とは、
「嫉妬心が原因のもの」です。まるで自分の卑しさを言いふらしているようなものです。恥ずかしいことです

3.悪口とは、
「人生の目標を失った人の戯言」です。愚痴とは、「人生の目標を失いつつある人の戯言」です

4.悪口とは、
「自分にとって都合の悪いことを口走っているだけのもの」です

5.悪口とは、
「自分のほうが偉いと言ってるようなもの」です。相手のほうが偉いと言って、お金をもらうものが商売です。悪口は貧乏の始まりです

6.悪口とは、
「口にした途端、相手に弱みを握られることになるもの」です

7.悪口とは、
「人づてに聞かされると腹が立つもの」です。ほめ言葉とは、「人づてに聞かされるとうれしいもの」です

8.悪口とは、
「外に向けて発したとき、仲間内の結束を高めるもの」です

9.悪口とは、
「収入や出世に影響が出ないならば、言えばいいもの」です

10.悪口とは、
「みんなの前で言う人は、陰では言わないもの」です。「みんなの前で言わない人は、陰で言うもの」です

11.悪口とは、
「裏表のない人が、言うもの」です。悪口を言う人は、案外いい人です

12.悪口とは、
「みんなの前で、笑いに包んで、こっそり言えばいいもの」です

13.悪口とは、
「愛情がこもっていれば、最高のほめ言葉になるもの」です

[ 2017/06/14 08:00 ] 悪口とは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL