とは学

「・・・とは」の哲学

自信とは

1.自信とは、
「カラ元気とデカい声とニコニコ顔があれば、あるように見えるもの」です

2.自信とは、
「顔に出るもの」です。信念とは、「目に表れるもの」です。勇気とは、「言葉に出るもの」です

3.自信とは、
「理念や目的を空想することで、実力以上のものを生ませるもの」です

4.自信とは、
「自惚れの一歩手前のもの」です。近くに自惚れを忠告してくれる人が必要です

5.自信とは、
「成長していたら、それが自惚れであっても、構わないもの」です

6.自信とは、
「勘違いしているということ」です。でも、勘違いでもしないと前に進めないものです

7.自信とは、
「誰かを助け、何かを育てた人に、表れてくるもの」です。役に立つ実感が自信を作るのです

8.自信とは、
「自己主張が他人に受け容れられたときに、持てるもの」です

9.自信とは、
「小さな成功の積み重ねによって、高まるもの」です。「一度の大きな失敗によって、なくなるもの」です

10.自信とは、
「自慢できる何かがいっぱいある人が持っているもの」です

11.自信とは、
「うしろめたさのないこと」です。自分をさらけ出さないと、自信は生まれてこないものです

12.自信とは、
「将来の不安がなくなってくれば、ついてくるもの」です。お金を貯めるのが、自信をつける手っ取り早い方法です

13.自信とは、
「ゲン担ぎ、ルーチン行動、お守りによって、より高められるもの」です

14.自信とは、
「文化と伝統と歴史と哲学によって、育まれるもの」です。バックボーンがあれば、自信が持てるものです

15.自信とは、
「他人を支配できる道具になるもの」です。人は自信に圧倒されるからです

16.自信とは、
「自分を信じられること」です。信用とは、「他人に信じられること」です。自信のない人は、信用も得られないものです

17.自信とは、
「なければ、人を誠実にし、あれば、人を不誠実にしていくもの」です

[ 2017/06/09 08:00 ] 自信とは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL