とは学

「・・・とは」の哲学

運とは

1.運とは、
「気迫と情熱のある人に開かれるもの」です。悪人でも、必死になれば、勝利の女神が味方するものです

2.運とは、
「自信家に回ってきやすいもの」です。相手を見下すくらいの人のほうが、運を引きつけるものです

3.運とは、
「『自分は強運の持ち主だ』と信じている人が、ますます強めていくもの」です

4.運とは、
「働きぶりを陰で見ている人が運んでくれるもの」です。だから、どんな仕事でも、腐らずに、一生懸命働くことです

5.運とは、
「『運のいい人にくっついていく』『運の悪い人の逆のことを行う』ことで、よくなっていくもの」です

6.運とは、
「恩を受けた人に返すよりも、恩を誰か別の人に与えることで、巡り巡ってくるもの」です

7.運とは、
「気づかないといけないもの」です。せっかくやってきても、気づかなければ、ないのと同じです

8.運とは、
「欲を出しすぎた途端に、去っていくもの」です。欲はほどほどに止めておかないといけないものです

9.運とは、
「しがみついている人には巡ってこないもの」です。守りよりも攻めの姿勢を運は好むものです

10.運とは、
「努力してこなかった人が絶対にあると信じているもの」です

[ 2017/05/23 08:00 ] 運とは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL