とは学

「・・・とは」の哲学

老後とは

1.老後とは、
「頭のいい人と悪い人の『頭脳格差』がますます拡大していく時期」です

2.老後とは、
「『お金』と『教養』を用意しておかないと、つまらなくなるもの」です

3.老後とは、
「『好奇心を保ち』『孤独に耐え』『書に親しみ』『趣味を持ち』『質素に暮らす』ことで、満喫できるもの」です

4.老後とは、
「経済主義と利己主義からやっと離れられる時期」です。つまり、新たな人生をスタートできる時期です

5.老後とは、
「『偉そうにし』『不安になって』『義理を大切にする』ことで、つまらなくなるもの」です

6.老後とは、
「余計なものを削りとる時期」です。それが許される時期です

7.老後とは、
「自己を完成させていく時期」です。だから、老後には、読書が欠かせないものです

8.老後とは、
「『お金』『健康』『家族』の変化に合わせて、その都度、設計し直すもの」です

9.老後とは、
「自分から誘わなくても、誘われたら、出かけていったほうがいいもの」です

10.老後とは、
「自分でつくったものが売れて、小遣い稼ぎができれば、うれしいもの」です

11.老後とは、
「賞味期限のようなもの」です。「消費期限ではないもの」です

[ 2017/05/15 08:00 ] 老後とは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL