とは学

「・・・とは」の哲学

アイデアとは

1.アイデアとは、
「重労働の『きつい』仕事、不衛生な『汚い』仕事、命にかかわる『危険な』仕事をすれば、現場に転がっているもの」です

2.アイデアとは、
「予算もギリギリ、期限もギリギリのときに、浮かんでくるもの」です

3.アイデアとは、
「才能のある人は期限がぎりぎりになって、湧いてくるもの」です。「才能のない人は期限がぎりぎりになっても、湧いてこないもの」です

4.アイデアとは、
「制限を加えることで生まれるもの」です。庭一面に咲く花より、部屋に一輪の花を飾るほうが、美しく見えるものです

5.アイデアとは、
「短縮、省略、追加、逆転、交換など、固定概念を覆すことで、生まれるもの」です

6.アイデアとは、
「ラクして目標を達成してやろうと考える人から出るもの」です。不純な人のほうがアイデアをよく出すものです

7.アイデアとは、
「マニュアルを破り、常識を捨てた後で、浮かんでくるもの」です

8.アイデアとは、
「新しいもの、珍しいもの、奇抜なものが好きな、変人に湧いてくるもの」です

9.アイデアとは、
「自分と考えの違う奴、つまり、嫌な奴と議論することで得られるもの」です

10.アイデアとは、
「知識をムダに増やしていくよりも、いろんな人と話す機会を増やしていくほうが、得やすいもの」です

11.アイデアとは、
「机に座っていても浮かばないもの」です。動き回り、飛び回ると、浮かんでくるものです

12.アイデアとは、
「どうやったら実現できるかまで、考えておかないと、カネにできないもの」です

[ 2017/05/09 08:00 ] アイデアとは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL