とは学

「・・・とは」の哲学

決断とは

1.決断とは、
「『YES』と『NO』だけではないもの」です。『先送り』も『保留』も『知らんぷり』も重要な決断です

2.決断とは、
「前進するときは簡単だけど、退去するときは難しいもの」です。だから、退去の決断は、トップ自らがしないといけないものです

3.決断とは、
「『負けそうになったとき』と『勝ち続けているとき』が、誤りやすいもの」です。衰退と慢心には注意が必要です

4.決断とは、
「個人の責任において下すもの」です。同時に、責任をとる『覚悟』も決めないといけないものです

5.決断とは、
「考える前にすでにある答えを確認しながら、下すもの」です

6.決断とは、
「予測収益と確率を考えて、するもの」です。つまり、合理的にするものです

7.決断とは、
「優先順位を決めて、一番大事なものに絞る行為」です

8.決断とは、
「ニ番目以降の判断をすべて捨て去ること」です

9.決断とは、
「みんなのことを思って、一部の人の意向を断ること」です。一部の人のことを思いやっていては、できないものです

10.決断とは、
「他人のことを意識せずに、あくまで自分にとってベストのことだけ考えて、したらいいもの」です

11.決断とは、
「不真面目な人ほど、即座に行えるもの」です。恩を感じない人のほうが下しやすいものです

12.決断とは、
「した後に、人を爽快にし、エネルギッシュにさせるもの」です。迷いが断ち切れるからです

[ 2017/04/28 08:00 ] 決断とは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL