とは学

「・・・とは」の哲学

出世とは

1.出世とは、
「上司や会社に貸しをいっぱいつくれた人ができるもの」です

2.出世とは、
「泥をかぶってきた人が有利になっていくもの」です

3.出世とは、
「会社のカネ儲けのための奴隷になったことを、その交換条件とするもの」です

4.出世とは、
「給料以上の仕事をしてきたものだけが、できるもの」です。出世によって、今までの給料の不足分が補われるものです

5.出世とは、
「みんなが嫌がることを、黙ってやっていると、自然と道が開けてくるもの」です

6.出世とは、
「上司という『お客様』の満足度を上げれば、できるもの」です。簡単なことです

7.出世とは、
「仕事の実績よりも、上司の好感度で決まることが多いもの」です

8.出世とは、
「上司が望むものを事前に準備し、『こいつはできる』と思わせれば、叶うもの」です

9.出世とは、
「上司の苦労がわからないと、できないもの」です。上司もつらいからです

10.出世とは、
「後ろ盾がないとできないもの」です。まずは、後ろ盾になってくれる人を見つけることです

11.出世とは、
「できる人に近づき、その人に認めてもらうことが、一番の早道」です

12.出世とは、
「『気を読む』『気を配る』『気を遣う』ことが条件のもの」です。『気』を察する『感受性』こそ、最大の能力です

13.出世とは、
「仕事の能力よりも気配り力のほうが重視されるもの」です。大きな組織で働く人ほど、特にそうです

14.出世とは、
「目上の人に一目置かれる特技や趣味があれば、有利になるもの」です

15.出世とは、
「数の論理を味方にしながら行動していくもの」です。集団的自衛力をどう使うかが鍵です

16.出世とは、
「先ずは少数派の長となり、その後、多数派工作して、のし上がっていくこと」です

17.出世とは、
「自分の出世を邪魔する奴を減らしていくことで、叶うもの」です

18.出世とは、
「力を蓄えつつ、力相応に昇っていくもの」です。急いではことを仕損じるものです

19.出世とは、
「能力がないのに、肩書を欲しがる人が、強く望むもの」です

20.出世とは、
「いつの間にか実力をつけていた人が、一気に駆け抜けていくもの」です

21.出世とは、
「社内ですでに出世している人の履歴と性格を知ることが、その目安になるもの」です

22.出世とは、
「出世しなかった先輩をよく分析して、反面教師にできれば、しやすくなるもの」です

23.出世とは、
「仕事が面白くないときに、それをやりがいにすればいいもの」です

24.出世とは、
「達成欲と征服欲がもとになるもの」です。ゲームにはまる精神構造と同じです。出世を煽って働かせるのは、経営者の常套手段です

25.出世とは、
「役職以外に認められるものがある人には、関心がないもの」です

26.出世とは、
「推されたとき、反対する人が誰もいないことが、その条件になるもの」です

27.出世とは、
「喜んで、してはいけないもの」です。「仕方のないふりをするもの」です

[ 2017/04/18 08:00 ] 出世とは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL