とは学

「・・・とは」の哲学

貧しさとは

1.貧しさとは、
「理想を追い求めている人の背後に、徐々に迫ってきているもの」です

2.貧しさとは、
「悪への抵抗を徐々に弱め、悪になびく危険性を徐々に強めるもの」です

3.貧しさとは、
「暴力を増やすもの」です。豊かさとは、「暴力を減らすもの」です

4.貧しさとは、
「誇ってはいけないもの」です。貧しさの原因を、自分ではないものに責任転嫁しているからです

5.貧しさとは、
「その救いを政治や宗教に求めても解決しないもの」です。その原因を分析して、自分の行動で取り去るものです

6.貧しさとは、
「豊かな国に住んでいるほうが、より実感しやすいもの」です

7.貧しさとは、
「選択肢が少なすぎる状況にいること」です。豊かさとは、「選択肢がありすぎる状況にいること」です

8.貧しさとは、
「欲しいものがまだまだあるときに感じるもの」です。豊かさとは「、欲しいものがなくなったときに感じるもの」です

9.貧しさとは、
「悲しむと惨めになるが、知恵を出せば結構楽しいもの」です。貧しさを楽しめる人は、精神的に豊かな人です

10.貧しさとは、
「新天地を求めれば、回避できるもの」です。豊かになれなければ、逃げだせばいいのです

11.貧しさとは、
「努力によって克服できるもの」です。豊かさとは、知恵がなければ維持できないものです

[ 2017/03/31 08:00 ] 貧しさとは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL