とは学

「・・・とは」の哲学

大物とは

1.大物とは、
「大金を動かしている人」です。小物とは、「小金しか動かしたことがない人」です

2.大物とは、
「批判されても動じない人」です。小物とは、「批判を気にしている人」です。大衆とは、「批判するのが好きな人」です

3.大物とは、
「異質のもの、対立するもの、矛盾するものを包み込む度量のある人」です

4.大物とは、
「ゆっくり歩き、静かにしゃべり、どっしり構えているもの」です

5.大物とは、
「注意されても、聞くふりして聞いていない人」です。小物とは、「注意されたら、すぐにペコペコ謝る人」です

6.大物とは、
「大胆さと下品さを併せ持っている人」です。大胆さが勝つか、下品さが勝つかは、その人次第です

7.大物とは、
「若いときは、やんちゃで、向こう見ずで、よく叱られた人が多いもの」です

8.大物とは、
「若いときに、辺境の地で、冷や飯を食わされて育った人が多いもの」です

9.大物とは、
「極端、極限を経験してきた人」です。腹が据わっているのは、そのためです

10.大物とは、
「貧病争をくぐり抜けてきた人」です。過酷な経験は、人間を大きくするものです

11.大物とは、
「死を恐れていない人、死を覚悟している人」です

12.大物とは、
「落ちるときには、奈落の底までとことん落ちられる人」です。つまり、責任回避しない人です

13.大物とは、
「少々のことでは、傷つかない人」です。ふてぶてしい人です

14.大物とは、
「近づきにくい人」です。執念深さもあるし、脅しが見え隠れするからです

15.大物とは、
「人を喰ったようなところがある人」です。一般人の尺度では測り切れないものです

16.大物とは、
「見た目によらず、気取らない人」です。小物とは、「気取るのが好きな人」です

17.大物とは、
「他人の力がよくわかっている人」です。力のない人は、他人の力がわからないものです。大物に評価されない限り、道は開かないのです

18.大物とは、
「過去にとらわれてないし、私生活にもこだわってない人」です。学歴や経歴で人物を評価しないものです

19.大物とは、
「身近な人の成功を喜ぶもの」です。小物とは、「身近な人の成功を妬むもの」です

[ 2017/03/21 08:00 ] 大物とは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL