とは学

「・・・とは」の哲学

芸術家とは

1.芸術家とは、
「わがままで、スケベーで、自分が一番凄いと考えている奴がなるもの」です

2.芸術家とは、
「自分がかわいくて、しかも、自分だけを認めてほしい奴」です

3.芸術家とは、
「クリエイティブなエゴイスト」です。つまり、本能のままの人です

4.芸術家とは、
「心の純度が高くないといけないもの」です。心が純な人の作品は下手であっても美しいものです

5.芸術家とは、
「既成概念を壊す意欲がなければ、務まらないもの」です

6.芸術家とは、
「作品に溶け込んでしまい、自分がなくなるくらいでなければ、いい作品を生め出せないもの」です

7.芸術家とは、
「人の心を動かす人」です。人の心は新奇なものに惹かれるものです。保守的な人が、芸術家に向いていないのは、そのためです

8.芸術家とは、
「作品が売れて、稼げている人たちに限って言うと、才能ある詐欺師」です

9.芸術家とは、
「美的詐欺師」です。作家は、「知的詐欺師」です。宗教家は、「心的詐欺師」です

10.芸術家とは、
「応援する人がいなければ、ただの、わがままな奴」です。でも、応援する人の意見を聞きすぎる芸術家は、だめなものです

11.芸術家とは、
「見る眼のある旦那衆に育てられるもの」です。いい客がいい子を育て、いい作品が残るということです

12.芸術家とは、
「親の財産のおかげで、素質を開花することができた人が多いもの」です

13.芸術家とは、
「偽悪醜に追い回されてる人たちに、真善美を提供する人」です

14.芸術家とは、
「未来の人がつける『作品の値段』と闘っている人」です。今の世に迎合している芸術家は本当の芸術家ではないのです

15.芸術家とは、
「衝動がなくなり、惰性になったとき、引退すべきもの」です

16.芸術家とは、
「好きなことをして食っている人」です。芸術家の引退のときは、カネに魂を売り渡したときです

17.芸術家とは、
「国に保護されて、勲章をもらって喜ぶようだと、その生命は終わっているもの」です

[ 2017/02/20 08:00 ] 芸術家とは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL