とは学

「・・・とは」の哲学

プロとは

1.プロとは、
「客からもらったお金以上の成果を出そうとする人」です

2.プロとは、
「お金を支払う側の客に『ありがとう』を言わせる人」です。感謝されて、お金をもらえるのが、本当のプロです

3.プロとは、
「客の厳しい三条件(品質・予算・期限)の要求に、真面目に対応する人」です

4.プロとは、
「客を満足させようと、意地とプライドをかけている人」です。アマチュアとは、「会社の儲けだけを考え、客の満足をないがしろにする人」です

5.プロとは、
「特殊な技術や技能を駆使して、客の困っていること、悩んでいることをすぐに解決する人」です

6.プロとは、
「自分の好みを無理強いしない人」です。客のことを考え、客に適するものを提供しようとする人です

7.プロとは、
「数少ないチャンスをつかんで、のし上がってきた人」です。プロと認められるには、圧倒的実力を見せつけないといけないものです

8.プロとは、
「知っている人には知られているが、一般にはまだ知られていない人」です。それくらいの知名度がプロなのです

9.プロとは、
「その道で、長く飯が食えている人の総称」です。プロは、いいときも悪いときも経験してきた人です

10.プロとは、
「勝つことよりも、負けない対策を打っているもの」です。それが、プロで長生きする方法です

11.プロとは、
「自らを売り込まない人、仕事を何でも引き受けない人」です。プロには我慢が必要です

12.プロとは、
「ここだけの耳寄りな情報を与えてくれる人のこと」です。プロは、情報を足で稼いでいるものです

13.プロとは、
「最初に話し合って、役割と期限が決まれば、その後、打ち合せをしなくても、仕事を遂行する人」です。責任感が強いので、任せられる人です

14.プロとは、
「目標達成のために、与えられた役割を、決められた通り、時間通りに、淡々とこなしていくもの」です。それゆえ、地味に見えてしまうものです

15.プロとは、
「抽象的な指示を出すだけで、理解して動いてくれる人」です。セミプロとは、「具体的な指示を出さないと、動いてくれない人」です

16.プロとは、
「道理に合わないこと、合理的でないことをしないもの」です。ガンコと言われるのは、そのためです

17.プロとは、
「頭がよくなくても、尊敬されるもの」です。頭のよくない人は、専門を決めて、プロになるべきです

18.プロとは、
「少しずつ、高い教養を身につけていくもの」です。初めはアホでも、どんどん、賢くなっていくものです

19.プロとは、
「失敗を恥に思ってきた人」です。失敗がプロを育てるのです

20.プロとは、
「人から見れば、どうでもいいことに徹底してこだわれる人」です。執念、執着の深い人です

21.プロとは、
「専門分野を勉強すると同時に、専門分野以外の勉強も怠らない人」です

22.プロとは、
「異質の人と集いたがるもの」です。シロウトとは、「同質の人と集いたがるもの」です

23.プロとは、
「報酬を時間単位で受け取れる人」です。そして、「顧客を選べる人」です

24.プロとは、
「身ぎれいでないと、信頼されないもの」です。カネに汚い奴やズルい奴はプロ失格です

25.プロとは、
「いつ引退するかを考えている人」です。自分を許せなくなったときが引退のときです

[ 2017/01/30 08:00 ] プロとは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL