とは学

「・・・とは」の哲学

上司とは

1.上司とは、
「部下の仕事に『優・良・可・不可』を判定する人」です。『不可』を乱発する上司は嫌われるものです

2.上司とは、
「部下を育てて、部下を出世の手段に利用すればいいもの」です。会社、自分、部下、みんなハッピーになれるからです

3.上司とは、
「自分の目標達成のために役立つ部下を好むもの」です。お世辞の上手な部下であっても、役に立たなければ嫌われるのです

4.上司とは、
「部下を『売り出す』ことが仕事のもの」です。部下は、自分を売り込んでくれた上司には、一生恩義を感じるものです

5.上司とは、
「『仕事ができる部下』よりも、『信頼できる部下』を昇進させたがるもの」です。『仕事ができる部下』は、自分の地位を危うくするからです

6.上司とは、
「可愛がっていた部下が、力をつけてきたら、可愛くなくなるもの」です

7.上司とは、
「有能な部下には、難しい仕事を与えるもの」です。そこには、失敗することを願う気持ちがあるものです

8.上司とは、
「自分を頼ってこない部下を嫌うもの」です。無能な上司であっても、頼ってあげるふりをするものです

9.上司とは、
「すぐに謝りに来て、教えを乞う部下が、かわいくてしかたのないもの」です

10.上司とは、
「気に入られようとするよりも、機嫌を損ねないようにするのがいいもの」です

[ 2017/01/25 08:00 ] 上司とは | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL