とは学

「・・・とは」の哲学

『嫉妬のお作法』川村佳子

嫉妬のお作法 (フォレスト2545新書)嫉妬のお作法 (フォレスト2545新書)
(2014/06/07)
川村佳子

商品詳細を見る

嫉妬は厄介なものです。嫉妬は、人間の遺伝子に組み込まれたものであり、それをなくしていくのは容易ではありません。

本書は、嫉妬をなくすのではなく、嫉妬への対処法、つまりお作法について書かれたものです。なかなか読みごたえがあります。それらの一部をまとめてみました。



・嫉妬心は、人間が生まれてから死ぬまで、ずっと付き合っていく感情。基本的な感情である「喜怒哀楽」に、この「嫉妬」が加わってもいい

・人間関係に共通する一つのキーワードが「嫉妬」。親子、兄弟、嫁姑、友人、同僚、部下、恋人、ご近所の人など、あらゆる人間関係にまつわる問題の多くが「嫉妬」に結びつく

・嫉妬心は、自分と他者を比較したときに湧き起こってくる感情

・「妨害された」「妨害されるのではないか」という危機感不安感が、嫉妬心に火をつける

・嫉妬心は抑圧され、変形された間接的な方法(悪口を言う、批判する、中傷する)で、表される

・成人期、社会人になると、自分と他者を比較することから目を背けられなくなる。受験や恋愛、就職、出世、才能、容貌、健康、財産など、嫉妬心は「自分より優れた人」「評価の高い人」に、ますます向けられる。現役を退いて、老年期に入っても続く

・「うらやむ」は、他者の優位性をはっきり認めた上で、その状態になれない自分を省みることができる状態。一方、「妬み」は、他者の優位性は認めてはいるものの、省みることをせずに、むしろ自分の中から排除しようとするもの

・手を伸ばしても届かない人には憧れを抱き、少し手を伸ばしたら、届きそうな相手には嫉妬する

・「調和」と可能性の「平等」が、逆に、妬みやひがみを生みやすくしている

・嫉妬には、「1.貶める『嫌がらせタイプ』」「2.不満をぶつける『ストレス発散タイプ』」「3.時間をかけて復讐する『自己優越タイプ』」「4.目をそらす『現実逃避タイプ』「5.悔しさをパワーに変える『自己成長タイプ』」がある。目指したいのは5のタイプ

・嫉妬深い人の特徴は、「自己アピールの強い人」「目立ちたがり屋の人」「噂好きな人」「虚栄心の強い人」「他者と常に比較する人」

・正論や正義を振りかざし、人を正そうとする人には、自分では気づいていないが、嫉妬心が根底にある。そういった人の特徴は、間違いや失敗を何より恐れ、自信がないために、「自分」を主語にせずに、「世間一般」や「常識」を盾に、世間の意見だと言ってくる

嫉妬されやすい人の5つの特徴。「1・正直すぎる人、率直な人」「2.相手が嫉妬するかもしれないという想定が足りない人」「3.自慢せずにはいられない人」「4.無頓着、無自覚な人」「5.存在感のある、目立つ人」

・男性は、「表面上は嫉妬心など抱いていない」といった、涼しい顔をしている。嫉妬心を表に出すことで、自分の評価を下げたくない、という気持ちがはたらく

・男は学歴に嫉妬する。女は美しさに嫉妬する

・人間関係に悩みを抱える相談者は、「嫉妬する」側が多いと思われがちだが、実は「嫉妬される」側の相談が多い

・嫉妬深い人から身を守るには、一定の線引きをして、深入りをしないこと。いっさい関係を持たないと、敵視されてしまうので、注意が必要

・嫉妬の矢を自分以外の場所へ方向転換させるには、「運が良かっただけ」「皆さんの協力があったおかげ」といった、自分だけの実力でないことを強調すること

・嫉妬心が湧き出るとき、目の前の相手や出来事を極端に考えてしまう。それを防ぐには、「根拠のない決めつけ」「白黒思考」「部分的焦点づけ」「過大評価・過小評価」「すべき思考」「一般化」「自己関連づけ」「情緒的な理由づけ」の思考グセに注意を払うこと

・本当は自分がそうしたいと思っているのにできないこと、自分で制限していることを自由に行っている相手が現れたとき、嫉妬してしまう



本書は、嫉妬は誰でもするものなので、嫉妬されたときに身を守る方法が大切であるという内容の書でした。

喜怒哀楽に次ぐ、第5の感情である「嫉妬」からの防衛戦略書ではないでしょうか。


[ 2014/08/27 07:00 ] 人生の本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL