とは学

「・・・とは」の哲学

『死ぬ前に読め!』玄秀盛

死ぬ前に読め!―新宿歌舞伎町で10000人を救った生きるための知恵死ぬ前に読め!―新宿歌舞伎町で10000人を救った生きるための知恵
(2007/12)
玄 秀盛

商品詳細を見る

著者の本を紹介するのは、これで4冊目です。元ヤクザ、元企業経営者であり、比叡山大阿闍梨の弟子でもある、その人生相談は、相談者の心の深くにまで、ズバッと剛速球を投げ込みます。ヤワな相談員とは、モノが違います。器が違います。

この本にも、犯罪スレスレの相談を命を張って解決していく事例がたくさん出てきます。筋金入りの人だけに、解決策も大胆なものばかりです。特に、おもしろかった箇所をまとめてみました。



・弱い者に対しては、とことん強気になるが、本物の男に対しては、何もできない。こういう内弁慶な家庭内ヤクザが最近多い

・夫は、殴っても、妻が無抵抗だったことで、一人の人間を暴力で支配する喜びを知ってしまう。そこからエスカレートしてくる。殴る理由は何でもよくなる。殴りたいから殴る

殴る人間は弱いから、さらに弱い立場の人間に向かう。暴力で上下関係を確立し、支配することを楽しむ。DVに走る男には、母親に溺愛されたマザコンが多い。そんな男が意外と外では優しく親切な男であったりする。会社でもあまり自己主張しない

・気が弱いから、面と向かって自分の妻にも意見が言えない男が、妻や会社、世間に追いつめられて、窮鼠猫を噛むで、手を挙げてしまう結果がDV

・今の自分は過去の自分の集約であって、誰のせいでもない。他人のせいにしている間は何も変わらない。そして、自分で何かしようという意思を持たない人間には、何もしてやることはできない

・本当に強いヤツは、相手に徹底した恐怖を植えつける。殴られた痛みは治るし、鍛えれば痛みに耐えることもできるが、恐怖は事前に学習できないし、一度味わった恐怖は、なかなか忘れることができない。恐怖は心にしっかりと根付くもの

・ケンカに強いのは、力よりも、勢いで相手を圧倒することができるヤツ。腕っぷしじゃなく、言葉だけで、相手に恐怖を植えつけることのできるヤツ。逆に言えば、自分の中に、ちょっとでも恐怖心が起これば、負けということ

・ケンカは、眼と眼が合うことから始まる。眼と眼が合わなければ、滅多なことではケンカにはならない。だから、ケンカに巻き込まれたくなかったら、伏し目に歩けばいい。変なヤツがいたら、眼をそらすこと。話すふりをして、ケータイで電話しながら歩けばいい

・うつ病は、現代病、文明病の病。人間としての生命力が弱っている状態。生きるのに必死な発展途上国の人たちは、うつ病になってたら飢え死にしてしまう

・日本は、どうしても組織が優先されて、個人が抹殺されてしまう。そういう背景から、モノがいくらあふれていても、個人の心が貧しくなってしまう

・家族とは、単なる血のつながり。この血のつながりが、時には災いをもたらす。血のつながりがあるゆえに、妬みや憎しみが生まれることが多い

・今の自分は、未来の自分への通過点に過ぎない。未来の自分が最高の自分になるように、今の自分がどん底であったら上に這い上がっていけばいい

・どんなに周りが意見しても、大騒ぎしても、本人に立ち直る意思がない場合は、立ち直ることなんかできない

・現代は、若者を誘惑する遊び場が揃っている。そこに集まる若者たちを見て、大人たちは眉をひそめる。しかし、それは若者のモラルの問題だけではない。それを作り、助長し、陰で、お金という甘い汁を吸っている大人たちと、それを受け入れている社会の問題

・大人は若者に「夢を持て」と言う。しかし、何もかもが揃っている社会で、何を夢にすればいいのか、どんな夢を持てばいいのか、わからなくなっている

・。子供に夢を持てと説教する前に、親自身が夢を持たなければならない。貧しくても幸せと自信を持って言える親は、現代にいない。今の社会をつくった団塊世代の罪は大きい。趣味でも、旅行でも、何でもいいから、親は、夫婦で、子供の前で夢を語ること

・ああしたい、こうしたい、あれがほしい。これは単なる我欲。夢はもっと崇高なもの



新宿歌舞伎町の駆け込み寺である「救護センター」に相談に来た人たちの実例が、本書に載っています。

そこには、複雑な家庭の問題、お金の問題などが、存在していますが、著者の力量で、それらを見事に解決していくさまが見てとれます。平和に育った人、お金の苦労をしないで育った人に、是非見てほしい書です。


[ 2014/07/16 07:00 ] 玄秀盛・本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL