とは学

「・・・とは」の哲学

『坂井三郎の零戦操縦増補版・真剣勝負に待ったなし』世良光弘

坂井三郎の零戦操縦 [増補版]坂井三郎の零戦操縦 [増補版]
(2009/04/09)
世良 光弘

商品詳細を見る

坂井三郎さんの本を紹介するのは、これで4冊目です。零戦のパイロットとして、太平洋戦争の最後まで活躍した坂井三郎さんの著書は、海外でも出版され、ベストセラーとなっています。

本書は、坂井三郎さんへのインタビューという形で「空戦の極意」「必勝の心得」などを聞き出したものです。その貴重な体験とノウハウの数々をまとめてみました。



・真剣勝負において、一度後手に回ったら、元の状態に戻すためだけにさえも大変なエネルギーを費やし、危険を冒すことになる。先手、先手を取れれば、相手の心を読むことができる

・敵の予期せぬところへ激しい勢いで仕掛けて、相手の心が定まらないうちに、こちらに有利なように先手を仕掛けて勝つことが大切

・第一撃で傷つけることができれば、敵のパイロットは必ず逆上して、混乱に陥る。結局は、勝負は最初の一撃で決まる

・欧米の、とくに狩猟民族の勝負観というのは、相手がギブアップするか、もしくは相手をノックアウトするまでとことん戦う。そこで初めて決着がつく

・パイロットの条件は、「三つの健康」。「1.体の健康」(病気になっても回復の早い体をつくり、持久力、瞬発力を鍛える)、「2.知能の健康」(知識・能力をとことん探求する)、「3.精神の健康」(物事の邪推・善悪を的確に判断、行動する人格を形成する)

・一瞬でも先に敵を発見したほうが、相手のいやがる後方に回り込むことができ、有利になるのは、空戦の「鉄則」。極意は「見張り能力」そして「先手必勝」。空戦では動体視力が勝負の分かれ目

・空戦の勝敗は、第一撃いわゆる「据え物斬り」で、いかに相手の戦力をそぐかで決まる。格闘戦に持ち込むのは二流の戦い

・真剣勝負とは、強いから勝つのではなく、勝ったから強い。それを積み重ねた者のみがエースになれる

・パイロットが見えないのは、後ろ下方。敵が一番嫌う、その位置に早く潜入し、一撃で落とすことが理想

・空戦では、一度視認した敵機を見失ってはいけない。相手を見失えば、その戦いに負けたということ

・経験が浅いパイロットは、修羅場で撃ち急ぐ結果、相手に位置を知らせてしまう。あせる気持ちを抑える「待ち」ができて一人前。戦闘機相手には、長くて3秒、普通は2秒。長撃ちは、無駄弾が多く、その間に気づかれる。「早撃ち」と「長撃ち」を戒めること

・「射撃は漏斗のごとくせよ」。正面、背面、横面、いずれの姿勢のいかんにかかわらず、敵機を漏斗(ろうと)の穴と思うこと。つまり、漏斗のフチから先端の出口を狙って撃て、という意味

・命のやり取りをする空戦で、実力の50%を出せれば大したもの。初心者は自信があっても40%ぐらいしか出せない

・米軍はフットボールの精神で、日本軍より連携プレイがうまかった。二機以上で立ち向かう「サッチ戦法」(別の一機が間に入って目をくらませる戦法)をよく使った。逆に、日本軍は「俺が、俺が」という考えが出て、一騎打ちで死んでいくパイロットが多かった

・宮本武蔵は、勝負の時、わざと門限の刻を違えたり、場所を変えたりしたが、これを卑怯と言うような人たちは真剣勝負をやったことがない人。武蔵は決闘の日時が決められた瞬間から戦いを始めている

・真剣勝負というのは、負けたときは命を絶たれる。負けるということは、この世から自分が消えてなくなること

・自らをより良い人間に育てていくためには、人の意見が必要。生涯を友として認め合った人間とは、意見交換しながら、「知識を盗み合った仲間」。それが真の友情

・人生の最大の敵は慢心と怠慢。勝負の世界は厳しい。美辞麗句は通用しない。常に切磋琢磨し、さらなる高みへ自分を高めていかなければ、いつか必ず相手に打ち負かされる



空中での真剣勝負の戦い方などは、生死をさまよった体験をした者にしかわからない極意です。

一対一の戦い方、つまり対決での勝ち方の極意は、ビジネスや人生の場面でも、参考になるように思います。


[ 2014/06/06 07:00 ] 坂井三郎・本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL