とは学

「・・・とは」の哲学

『考えるヒント生きるヒント』ジェームズ・アレン

考えるヒント 生きるヒント―人生成功への50の黄金律 (Goma books)考えるヒント 生きるヒント―人生成功への50の黄金律 (Goma books)
(1997/10)
ジェームズ アレン

商品詳細を見る

本書は、1902年出版の自己啓発本の古典とも言うべき書で、今も、世界中で根強い人気を保ち続けています。著者は、トルストイと仏陀を愛したプロテスタントです。今でも世界中で愛される理由は、そんなところにあるのかもしれません。

この本は、著者が出版した全19冊の中の、無名時代にあたる2冊目の書です。その一部をまとめてみました。



・「人は密かに考え、その通りの者となる」という金言は、人格はもとより、人生を構成するいかなる要素にも当てはまるもの

・行いは思考の花であり、喜びや悲しみはその果実である。そうやって人は、自分が育む、甘い、あるいは苦い果実を収穫し続ける

・心は、それ自身が密かに抱いているものを引き寄せる。環境は、心がそれ自身と同種のものを受け取るための媒体である

・人が手にするものは、その入手を願い祈るものではなく、公正な報酬として受け取るものである

・富が正しく入手され、賢く用いられたときにのみ、喜びと富は一つになる。そして、貧しい者は、自分の人生を不公正な重荷ととらえたときに、深い苦悩の中へ落ち込んでいく

憂鬱な顔は偶然の産物ではない。それは、憂鬱な心によって造られる。醜い皺は、愚かな思考、理性を欠いた思考、高慢な思考によって刻まれる

・思考と目標が結びつかない限り、価値ある物事は達成されえない。人生の目標を持たない人々は、極めて容易に、不安や恐怖、自己憐憫などの犠牲者となりがちである

・年長者たちの顔には、さまざまな皺が刻まれる。皺は思いやりによっても、純粋な強い思考によっても、また理性を欠いた思考によっても造られる

・思考は、目標と勇敢に結びついたとき、創造のパワーとなる

・人は、自分の弱さを克服し、あらゆる利己的な思考を排除しているとき、抑圧者、被抑圧者のどちらにも属することがない。そのとき彼は自由である

・人は、いかなる価値ある物事を達成するためにも、奴隷的思考と動物的思考への耽溺から脱却しなくてはならない

・自分の思考の正しい管理を怠っている限り、人は、重要な責任を遂行しうる地位に決してつくことはできない

・大きな目標を達成できないでいる人々は、とりあえず、当面の義務の完璧な遂行に思考を集中すべきである。それが、真の集中力と自己管理能力の開発を可能にする

・宇宙は、表面的にはどのように見えようとも、貪欲な者不正直な者、不道徳な者を決して援助はしない

・あらゆる知的達成が、粘り強い努力と、非利己的で純粋な思考の、自然な結果に他ならない

成功を維持するためには、警戒が不可欠である。しかし人は、成功の達成とともに手を抜いてしまい、あっという間に落伍者の群の中に転落しがちである

・ビジョンを持つことだ。理想を抱くことだ。あなたの心をこよなく鼓舞するもの、あなたの心に美しく響くもの、あなたが純粋な心で愛することのできるものを、しっかりと胸に抱くことだ

・あらゆる成功が、仕上げられた思考であり、達成された目標であり、現実化されたビジョンである

穏やかな人物は、自分を正しく管理する術を学んでおり、自分自身を他の人々に容易に順応させられる。人は穏やかになればなるほど、より大きな成功、より大きな影響力、より大きな権威を手にできる



著者が一貫して述べていることは、「自分こそが自分自身の造り手という真実に気づくべき」ということです。

そう思い、行動すれば、自分を再生することが可能だということ。今からでも、遅くないのではないでしょうか。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL