とは学

「・・・とは」の哲学

『ショーペンハウアー・自分を救う幸福論』

ショーペンハウアー 自分を救う幸福論ショーペンハウアー 自分を救う幸福論
(2012/12/08)
ショーペンハウアー

商品詳細を見る

ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの本をとりあげるのは、これで5冊目です。ゲーテと交わり、ニーチェやトルストイにも影響を与えた人ですが、金言集、小品集なども出版している気さくな哲学者です。

本書には、200の哲学が載っています。その中から、いくつかをまとめてみました。



・苦痛のない状態にあって、退屈がなければ、この世の幸福を達成したものと見てよい。それ以外のものはすべて幻想だから

どんなことに悲しんでいるかがわかれば、その人の幸福度がわかる。小さなことを悲しんでいれば、それだけ幸せということ

・われわれは、暖かさを求めて、無意識にストーブや日向に近づくように、心地よい優越感を与えてくれそうな相手に接近する

俗物には、富、社会的地位、権勢、威力などで他人から尊敬されたいという虚栄心や、これらのものを持った人と付き合うという虚栄心もある。彼らは、理想によって慰められず、いつも現実的なものを必要としている

・医者は人間の弱い面だけを見て、法律家は人間の悪い面だけを見る。さらには宗教家は人間の馬鹿な面だけを見る

・誰も人様をほめるのは、自分にもそれができる見込みがあると思う範囲に限られる

・自分の欠点に気づくには、その同じ欠点を他人が持っているのに気がつき、それを心の中で非難・批判するのが適切なやり方。自分を矯正するには鏡が必要

・他人は、なるべく賞賛したくないから、自分で自分を賞賛する心境に達した人が幸せ

・人間の金銭上の満足は、要求の強さと所有する財産との比率によって決まる。要求が小さければ、財産がなくとも満足は得られる

・精神的能力の高い人は、自然に非社交的になる

・平凡な人たちは、すぐに仲間になるが、優れた人はそうはいかない。しかし、優れた人たちも、似たところがある相手を見つけると、嬉しくなるもの

・人の意見には反論しないほうがよい。変なことを信じている人の考えを変えようとしたら、何年経ってもケリがつかない。人の感情を害するのは簡単だが、人を矯正するのは、相当難しい

・人に対しては、寛大すぎても優しすぎてもいけない。交際上の優位を持つには、他人を何ら必要としないこと、そしてそういう素振りを見せること

・知的でない楽しみはすべて低級である。その目的が何であっても、行きつくところはすべて、願望、期待、懸念、達成などへの欲望である

・青年期には観察力が、老年期には思考力が強く出る。したがって、青年期は詩の時期であり、老年期は哲学の時期である

・一生の終わりごろは、人が仮面舞踏会の終わりに仮面を取るのと似たようなもの。自分が一生の間、接触してきた人たちが、本当はどのような人間であったか、今となっては明らかとなる

・人々がふつう運命と言っているものは、たいていは自らまいた種のことである

・たいていの人は、人生を振り返ってみたとき、自分が一時しのぎの連続で生涯を暮らしてきたことを発見する

・われわれが生きていて喜びを感じるのは、何かに向けて努力・追求している時か、純粋に知的活動をしている時だけ

・他人は、苦痛や窮乏や危険や困難に陥っているときだけ、われわれの関心を呼び起こす



ショーペンハウアーは、裕福な商人の息子として生まれ、父親の死後、遺産を継ぎ、一生涯独身を貫いた人です。社交的だった親に反して、孤独を愛する人でした。

その鋭い人間観察力は、そういったところから生まれたのかもしれません。ちょっと人生を振り返ってみたくなったときに、ショーペンハウアーの書を読んでみたくなります。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

-
管理人の承認後に表示されます
[2014/04/24 22:56]