とは学

「・・・とは」の哲学

『悪の引用句辞典』鹿島茂

悪の引用句辞典 - マキアヴェリ、シェイクスピア、吉本隆明かく語りき (中公新書)悪の引用句辞典 - マキアヴェリ、シェイクスピア、吉本隆明かく語りき (中公新書)
(2013/07/24)
鹿島 茂

商品詳細を見る

著者の本を紹介するのは、「悪女の人生相談」「セックスレス亡国論」などに次ぎ、4冊目になります。

本書は、古今東西69人の名言名句を引用しながら、その言葉について考察するものです。著者の深い人間観や社会意識を知ることができました。その一部をまとめてみました。



・愛国心には、非難することが誰にもできない不可侵性がある。ゆえに、これを言い立てて、その後ろに身を潜めるなら、悪心や利己心を隠し、人の非難をかわす有効な盾として機能する。厄介なのは、真の愛国心と偽の愛国心とを区別する基準がどこにもないこと

・叱るときには、心から発する怒りが不可欠だが、その怒りが感情に任せたものであってはならず、怒りを理性的にコントロールする能力が要求される。だから、叱るよりも、優しくしているほうが、はるかに楽

・政治家を「勇ましい」とか「臆病」だけで判断することほど危険なことはない。臆病な保守主義者であることのほうが、はるかに勇気を必要とすることだってある

・人が(とくに身分の上の者が)他の人をなんだかんだと理由をつけて叱責するのは、そんな理由は見せかけで、本当は「おまえが嫌いだから嫌い」式の「好き嫌い」が思いのほか多い

運と気質が世を支配する。突然、運が向いてきて、これをうまく掴めば、万事好転すること間違いなしと思えるときでも、その人の気質に欠点があると、せっかくのチャンスが台無しになってしまうこともある

・プロパガンダは資本家階級や労働者階級よりも、知識人階級に向けてしなくてはならない。なぜなら、前者は利害以外には動かないのに対し、後者は利害だけではなく「道徳的」価値観で動くから

・真のエリート教育とは、エリート教育を馬鹿にすることができる総合的エリートを育てることにほかならない

・明治の急激な文明開化と戦後の驚異的復興は、すべて日本人の「いいな、いいな」のなせる術であった。しかし、羨望の強さは容易に物欲の強さに転じる。その結果、今日広く観察されるところの物欲全肯定主義となって現れ、「分相応」の言葉は死語となった

アメリカン・マインドにおいて、金儲けの道は、そのまま栄光の道に通じる道と信じられているがゆえに、世の尊敬と称賛を集めるために強欲になるという逆転現象が起きる

・アメリカには王侯貴族がいないため、金銭獲得の努力への軽蔑が生まれなかった。逆に、自助努力によって蓄財を成し得た者こそが、アメリカ的エリートであるという共通認識が生まれた。拠るべき規範としての「」がないところでは、「金銭」が規範となるしかない

・「人が求めるのは、戦争の危険でも、職務上の苦労でもない。われわれの不幸な状態から、われわれの思いをそらし、気を紛らせてくれる騒ぎを求めているのである」(パスカル)

・自我と自我は対立して軋轢を生むという西欧的「前提」を直視せずに、対立が起こりそうだと問題を先送りし、軋轢を避けてきた。あげくに、「面倒くさいことには一切かかわりたくない」というのが社会一般の「思想」になり、これが今日の日本の危機を招いている

・知識人にとって、自分と家族の損得しか考えない大衆の原像を、自らの思想の強度の試金石として織り込んでいくことが絶対に不可欠

・「判断力とは、集中力と冷静さをもって、現実をそのまま受け入れることのできる能力、事物と人間から距離をおくことのできる能力のこと」(マックス・ウェーバー)

・消費者が自己実現としての消費を行うには、金を稼ぐこともさることながら、そのための時間もまた作り出さなければならない。要するに、「面倒くさい」ことを極力省力化しない限り、消費にエネルギーを傾けることはできない

・ヨーロッパの王侯貴族の間では、親から子を切り離さない限り、教育は不可能と考えられていた。学校教育とは、親からの隔離であるという観点から、教育を再考してみるのも悪くない

・人間というのは、どんなときも彼我の「差」を激しく意識して、その「差」に生きがいを感じたり、嫉妬したり、あるいは絶望したりするもの。つまりは、本質的に、人間は「差」で生きる動物なのである



本書は、人間と社会(日本人と日本社会)の本質と構造を見抜いている著者の力作です。

古今東西の知識人の引用句を借りていますが、著者の思想の集大成のように感じられました。著者のオリジナリティあふれる書です。


[ 2014/03/17 07:00 ] 鹿島茂・本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL