とは学

「・・・とは」の哲学

『地上最強の商人』オグ・マンディーノ

地上最強の商人地上最強の商人
(1996/09)
オグ・マンディーノ

商品詳細を見る

本書の訳者は、無能唱元さん。このブログで何度も紹介しました(参照:「無能唱元・本」)本書は、1968年にアメリカで出版され、200万部のベストセラーとなり、その後、20ヵ国で翻訳出版されました。

内容は、本書に掲載されている「選ばれし人が継承してきた不思議な十巻の巻物」を手に入れた若者が、ラクダのキャラバン隊を指揮するようになり、やがては中近東の大富豪となる物語です。この成功物語の一部をまとめてみました。



孤独の思いこそ、逃避と挫折へ誘い込む誘惑の罠。この誘惑と直面し、これを克服できるかどうかが、勝負の分かれ目になる

・商売を成功させ、輝かしい未来を勝ちとるのは、己自身を克服しえた者でしかない。商売の道で、他人からの愛や慰めを期待してはならない

・成功しようとする決意がかたければ、失敗で挫けてしまうことは決してない

・「今すぐ出発する」これが答え。老人が、経験による知恵を得たとき、もう、人生は終焉を迎えている

・成功とは、各人の気持ちのあり方の問題。成功の報酬も、それが小さすぎると感じる人にとっては、成功と思えないし、同じ程度の報酬でも、成功したと喜ぶ人には成功

・失敗者と成功者の間に横たわるひとつの違いとは「習慣の違い」。すべてに優先して、守るべき最初の法は「良い習慣をつくり、自ら、その奴隷となる」

・根本的原理は「ある習慣を変えるのは、新しい他の習慣だけ」という自然の法則

野心家を愛する。なぜなら、勇気づけてくれるから。失敗者を愛する。なぜなら、彼らは教訓を与えてくれるから。王様を愛する。なぜなら、彼も等しく人間だから。おとなしい人を愛する。なぜなら、彼らは神のように謙虚だから

富める者も愛する。なぜなら、彼らは、孤独であるから。貧しい人も愛する。なぜなら、彼らは、この世にいちばん多くいるから。若者を愛する。なぜなら、若々しい信念を抱いているから。老人を愛する。彼らは歳月のもたらしてくれた知恵を持っているから

・成功するまで頑張りつづける。人生の栄光は、それぞれの旅の終わりにあるのであって、始めたばかりの地点にはない

・つねに次の一歩を踏み出す。その一歩が、無駄な一歩であろうと、有効な一歩であろうと、それは関知するところではない

・他人との相違点を強調する。そして、類似点は隠す。この原理は、売る商品にもあてはまる。他の商人と異なる商品を売る商人は、その異なることに誇りをもっている

・商品を売るときの言葉を練習し、改良し、磨きをかける。売るための口上は、商いの基礎。幾多の先輩が、売り口上を駆使しただけで、客の心をつかみ、巨富を得た

・つねに行儀作法の改良に努める。人々は、感じのよい態度にひきつけられる

・「過去は過去として、永遠に葬らしめよ」。今日が人生最後の日であると心得て生きる

・一時の無駄は、一生という人生の無駄。今日という日を無駄にするならば、人生最後のページをむしり取ることになる

時間を無駄にする者とつきあうことは、怒りをもって拒絶する。時間の引き延ばしは、ただちに行動をもって排除する。ぶらぶらしている者とは、つきあわない。怠け者には、近づかない

・弱者は、自分の思いに支配され、強者は、自分の思いを支配する

・自分の価値を百倍にする。低すぎる目標設定をするという、恐るべき過ちを犯さない

・市場において、評価されるのは、行動による結果のみ。自分の価値を倍増させるためには、自分の行動を倍増させねばならない

・明日は、怠け者が予約した日。明日は、悪人が善人になる日。明日は、弱者が強者になる日。明日は失敗者が成功する日



本書が強調するところは、「自助」「自立」です。成功は、誰にも頼らず、自分を律して、行動するのみ、ということ。

でも、人間ですから、挫けそうになるときがある。それを防ぐためには、成功者の本を読むことと、「成功記録」をつけること、と著者は述べています。自分を変えたい人に、おすすめの書です。

[ 2014/03/03 07:00 ] 無能唱元・本 | TB(0) | CM(2)
初めまして
このページを夕べ見つけて、
これから読んでみたいと思っていた本や
今までに読んで感銘を受けた本がたくさんあって
書評も素晴らしく、読むのが楽しくて、これから
少しずつお邪魔させて頂きたいです。


[ 2014/03/03 10:23 ] [ 編集 ]
マーチさんへ
わざわざ、コメントありがとうございます
今までの書評が、1200冊ほどあり、
自分でも何を書いたのか、
わからなくなっているほどです。
少しずつでもよいので、
末永く愛読のほどよろしくお願いします。
[ 2014/03/03 20:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL