とは学

「・・・とは」の哲学

『ハイエクの大予言』渡部昇一

ハイエクの大予言ハイエクの大予言
(2012/05/11)
渡部昇一

商品詳細を見る

ハイエクは、自由主義の象徴となる存在なので、リーマンショック以降、あまりいい印象を持たれていません。しかし、誤解を払拭しないといけないように思います。

ハイエクは、現代に忠告を与えるところが多い経済学者です。共感できる点が数多くありました。そのハイエクの言葉をまとめてみました。



・ドイツで、危険な傾向を強めた(自由を破壊した)のは、ほとんどが善意に動いた人々であり、手本とされた人々であった

・経済的自由を放棄すれば、隷属体制になる

・ナチスやファシストの指導者たちは、みな最初は社会主義者として出発した

・「これこれすべからず」の法律で否定されること以外はやっていいのが自由主義

・複雑な社会になると、いかなる優秀な官僚を集めても、命令で需要と供給のバランスをとることはできない。この不可能と思われる調整を果たすのが、競争体制の「価格機構

・社会を計画化することに熱心な人は、計画が採用される段になったら、他の計画を一切認めない教条的な人間、危険な人物となりうる

・自由主義経済は「道路交通法を制定」しても、「どこへ行け」と命令はしない。しかし、統制経済は「この道を使って、どこへ行け」と命令する。ルールは抽象的なほうがいい

・お金は最も広い選択の幅を与えてくれるものであり、自由の道具であり、自由のもと

・競争社会は、ほとんどのものが価格を払えば手に入るが、そうでないところは服従を強要され、権力者の好意にすがるしか手に入れられない

・巨大な機械のような組織の歯車であることは堪えがたいが、そこから離脱することが許されないことのほうが、もっとはるかに堪えがたい

・どんな職業でも、最も成功した人と全く成功しなかった人の所得格差は、資本階級と無産者階級の所得格差と同じくらい大きい

・保障が特権になればなるほど、そのグループからの排除は致命的となる。ついには所得や地位は自主独立によるものではなく、国家や産業が与える保障によるものになっていく

・教育や知性の水準が高くなるほど、考え方や趣味嗜好は多様になる(全体主義に合わない人間になる)。したがって、同じ見解を持つ大人数の強力な集団は、理想を数の力でごり押しする人々(独創的、独立的でない人々)から形成されるようになる

・全体主義勢力のメンバー獲得原理は、従順で騙されやすい人を支持者に抱え込むこと

・中世のころからカトリック教会は金貸しを禁じたので、ユダヤ人は独占的に活躍し、金が増えたが、金融職に従事していることで、ますます嫌われた。これが繰り返されてきた

・全体主義の宣伝技術は、特定かつ単一の目標を達成するためのもの

自由の崩壊は「新しい自由」の名のもとに起こった。この事実は「古い自由を実現するための新しい自由を」という誘惑の言葉を警戒するために忘れてはならない

・ナチズム(国家社会主義)は人類思想の長期に渡る発展が最高潮に達して、出てきた

・国家社会主義の敵は商業であり、商業が意味するものは自由主義、個人主義である

・全体主義へ向けての運動を推進した本当の刺激は、組織された資本家と組織された労働者という二つの巨大な特殊利益団体から、主として発生してきた

・人間社会に起こることをコントロールすることは、全体主義に行くより仕方がない

・完全雇用が目的になれば、社会全体が完全雇用に従属させられ、個人の自由はなくなる

・経済成長ではなく、所得の再分配という方法で、貧困の解決をしてはいけない

・我々は自分の懐を痛めることなしに、博愛的であろうとすることなど許されていない

・計画して進歩させるのではなく、進歩の邪魔になるものを除いていくことが重要



ハイエクの提言は、真摯に受け入れたいと思いました。我々は豊かになればなるほど、現実から遊離して、いい格好をしようとするが、そこに盲点があると、ハイオクは指摘します。

甘い言葉、優しい言葉についつい流されそうになるが、そこは人間の性質や心理をよく見極めながら、「現実に処して生きるべき」と教えられる書でした。


[ 2014/02/21 07:00 ] 渡部昇一・本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL