とは学

「・・・とは」の哲学

『プア充―高収入は、要らない―』島田裕巳

プア充 ―高収入は、要らない―プア充 ―高収入は、要らない―
(2013/08/23)
島田 裕巳

商品詳細を見る

最近、話題になっている本です。GDPが高い国の進むべき道は、「これだ!」と思ってしまうタイトルです。

著者の本はもう何冊も紹介しています。「島田裕巳・本」というカテゴリーもつくっているぐらいです。本書の内容は簡潔で一貫したものです。その中から、「お気に入り」の一文を幾つかまとめてみると、以下のようになります。



・考えれば考えるほど、年収300万円くらいのプア充こそ、これからの日本人生き方にとても合うライフスタイル。幸福な生活に、「高収入」も「刺激」も「贅沢」も「無理」も「成長」も、必要ない。必要なのは、プア充になって、ムダなく合理的に生きること

・稼いでも、稼いでも、永遠に満足することはない。いや、むしろ稼げば稼ぐほど、お金に対する執着欲望不安は増すもの

・もっとお金が欲しい、もっともっと稼がなくてはならない、そんなふうに思うときの気持ちって、決して幸せな気持ちではない

・娯楽は、費やした金額に比例して、楽しさが増すわけではない。無料でも楽しいことはいくらでもある

・プア充を目指すなら、ベンチャーではなく、ある程度安定した会社がいい。有名でなくていい。有名な大手企業は安定はしているが、仕事は忙しい。プア充生活におすすめなのは、「古くてださい会社

・「仕事は、1日の3分の1の時間を費やすから、そこにやりがいを見出さないと人生はつまらなくなる」なんていうのは思い込み。仕事は、あくまで生活のための手段と割り切る

・生きていく上で「使い捨てられない」ことが大切。そのためには、自分の時間をいかに確保し、健全な生活をしていくかを自分の頭で考えなければならない。それがプア充の基本

・禁欲は、人間の喜びにとって大きな役割を果たす。禁欲をして、それが解けることが楽しい。禁欲によって、「待つ」ことの意味を、多くの宗教は諭している

・お金があると、「待つ」楽しみが奪われる。ある程度の制限があるほうが、人生は楽しい

・プア充を目指す人こそ、都会に住んだほうがいい。地方に住んだら必ず車が必要になる。車は金食い虫。賃料は地方のほうが安いが、一人暮らし用の物件があまりない

・プア充の暮らしをするためには、「外食をしない」「規則正しい生活をする」「ストレスをためない」こと

・迷惑なんて、かけてなんぼ。迷惑をかけ合うことで、人間関係ができていく

・ネガティブな未来を想像することが、負担になっている。高額な保険に加入してしまう心理も、目的のない貯金に勤しむ心理もそう

・物質的な欲望にとらわれず、自然に従って生きる。「死ぬまで生きる」と考えること

・「人に迷惑をかけるな」というのは、豊かになって人が孤立し始めた現代における妄想。困ったときには、周りに迷惑をかけて当然。迷惑をかけられるほうも嫌だなんて思っていない。いい人間関係を築きたいなら、まずは相手に迷惑をかけること

年収300万円くらいの仕事はたくさんあるので、転職しやすく、それが心に余裕を生む

・国や企業の「成長使命」に、個人がふりまわされる必要はない。「成長しなければいけない」「稼がないといけない」という思想は、現代社会が作りだしている幻想

・お金とは、あくまで、楽しいと感じられる人生を送るために最低限必要なツールであって、それ以上でもそれ以下でもない

・経験やスキルがないのに、高収入を得ようとすると、結局、時間や健康が犠牲になる

・世の中の幻想や誘惑に振り回されずに、賢く生きることがプア充の基本。無駄なことはせず、嘘や誘惑に騙されない。安定した生活を送るという強い意志を持つことが必要



この本は、ミャンマーやバングラディシュでは売れないと思います。この本が売れる素地が今の日本にあることはうれしいのですが、「プア充」が多数派となるには、もう少し時間がかかりそうに思います。

親、先輩の考え方、マスメディアの洗脳、街の誘惑を、個人が断ち切ることは、なかなか難しいことかもしれません。


[ 2013/12/09 07:00 ] 島田裕巳・本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL