とは学

「・・・とは」の哲学

『胸中の山水』細川護煕

胸中の山水胸中の山水
(2011/10)
細川 護煕

商品詳細を見る

元首相の芸術家としての活動は、既にある一線を超えてきているように感じます。とくに、陶仏・陶塔などの作品は、芸術の歴史に名を残していくのではないでしょうか。

著書を紹介するのは、「ことばを旅する」「閑居の庭から」「跡無き工夫」に次ぎ、4冊目になります。本書には、著者の芸術論が数多く載せられています。そのシブい言葉の中から、一部要約して紹介させていただきます。



・「碧巌録」にある「衆流截断」の言葉は、世の風潮、時流を気にせず、常識の殻を破って勝手におやりなさいということ。そうありたいという自分の生き方、信念にも通じる

・子供の頃に木登りもしないで、月にも草花にも鳥や虫にも無関心で、美術館で美術品だけを見ていても、感性は絶対に育つものではない。評論家的な審美眼は育つかもしれないが、それはクリエイティブな感性を育むということとは全く違う

・小さいときの体験はすごく大事。「梁楷」(13世紀南宋の宮廷一の絵師)と出会ったのは十年余り前のことだが、出会えたのは、自分の中に、出会いの種子があったから

・日本人の美意識の一つの特徴は、「暗示的」ということ。物事の最盛期の華やかさを観賞するのではなく、その余韻を楽しむことで、こうした「暗示」による美を表現するやり方は、水墨画の「余白」によって、その背後にあるものを暗示する手法に通じる

・日本人の美意識の二つ目の特徴は、「いびつさ」や「不規則性」「不均斉」を好むということ。いびつなもの、ちょっとあばれたもの、どこかに傷があるものがよいという感性は、外国人にはまずない

・日本的美意識の三つ目の特色は「簡素」ということ。建築でも工芸でも水墨でも、中世以来の日本の芸術は、すべてけばけばしい色を嫌う「つやけし」の美を基本としてきた

・日本の代表的歌人であった藤原定家は「見渡せば花ももみじもなかりけり 浦のとまやの秋の夕暮れ」と歌ったが、日本人が昔から賞美してきたものは、黄金色に輝く屋敷よりも、むしろみすぼらしい漁師の小屋であって、それは単色の景色の簡素な美しさ

・日本人の美的感性の四つ目の特性は「はかなさ」ということ。「ほろび」は美に欠くべからざる要素だという日本人の感性は、古くから詩歌の基調であった

・陶淵明の「帰去来の辞」(さあ帰ろう、世人との交遊は謝絶しよう。世間と相容れないのに、再び仕官して何を求めようというのか)は、まさにそのまま、政界引退のときの心情

・孔子の「論語」が日々の生き方を目に見える形で教えてくれるのに対して、「老子」には、目に見える背後、目に見えないところを照らし出してくれるような趣がある

・「老子」の中の好きな章句の一つは、「善行は轍迹無し」(道にかなった優れた行動をする人は、ことさら痕跡を残したりしない)

・「老子」の中で、繰り返し強調されているのは、「私心を取り払って争いから身を遠ざけなさい」「名利にとらわれずに足るを知りなさい」「自己顕示欲を振り回して自分を誇ったりしないことが大事」だということ

・王維は、8世紀の最高の文化人でありながら、自然こそ人生の究極の場所であることを知っていた。自ら美しい自然に溶け込み、その一点景となった。だからこそ、「詩中に画あり、画中に詩あり」と評された王維の詩画には、人間と自然、王維自身の生命が流動している

・「長年のノウハウ」などというが、ノウハウというのは、ほんのちょっとしたことで、それを発見した人の話を聞けば、つまらない話と思うほどのもの

・池大雅の大軸「一成れば一切成る」の書にあるように、不器用でも、しつこいまで精進を重ねれば、何事もそこそこできる、というのが、見よう見まねでやきものを始めた実感

・集中して取り組むということには二つのことが含まれる。一つは「それをやっているときには他の雑念を払って、そのことだけに専心すること」、二つ目は「そのことを寝ても覚めてもひたすら考え続けること」。この二つを合わせて、集中という

・工夫ができるのも、「どうしたらもっといいものにできるだろうか」と、常に頭の中で集中しているから。「集中とは工夫の継続」である

・光悦のつくった茶盌に「物欲しげでない佇まい」を感じる。それは息子に、損得勘定で物事を考えない心根を植え付けた妙秀尼の生き方と心の表れ



本書には、元首相の作品と製作風景写真、そして、茶盌に関する美術館館長の解説も載っています。作品を通して、その人となりと求めているものが見えてきます。

ある境地に達した人の思いを知る、一つのいい機会になる書ではないでしょうか。


[ 2013/11/08 07:00 ] 細川護熙・本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL