とは学

「・・・とは」の哲学

『老いてこそ上機嫌』田辺聖子

老いてこそ上機嫌老いてこそ上機嫌
(2010/01)
田辺 聖子

商品詳細を見る

著者の本を紹介するのは、「上機嫌の言葉366日」「女のおっさん箴言集」「上機嫌の才能」に次ぎ、4冊目です。上機嫌は、自分自身だけでなく、周りの人たちも明るくします。

アランも「幸福論」の中で、「私は義務の第一位に上機嫌をもってくる」と言っています。上機嫌な著者が、上機嫌の効用を説いたのが本書です。興味の湧く箇所が幾つもありました。それらの一部を要約して紹介させていただきます。



・人は子を持たぬとき、老いを恐れる。というのは、人は、子の若さで、老いを忘れ、自分も若返るように思うから。しかし、子は老いのスベリドメにならない。本人は、やはり老けていく。子供で老いを忘れようとするより、充実して、老いを豊かにすること

・人間、年をとると「人を傷つけること」の何たるかがわかってくる

・「熟年は和して同ぜず、若輩は同じて和せず」。老婦人は貴婦人でもあらねばならぬ。群れること無用、一人をたのしみ、かつ、それでいて、みんなで仲よく、というのがよい

・女の本当の賢さは、美しく年をとる法について、自分なりの識見を持ち、プランを立てておくこと

客を迎えるというのは、自分が主になり柱になること。ぐうたらや未熟者では務まらない。気概のない人間は、自分が人を招くより、人に招かれ、客となって大切に扱われたがる

・ことに幸福や楽しいこと、嬉しいことは変質しやすい。変質しないうちに辞去する、というのが理想的

楽しいホンネを語り合えるというのは人生の大きな快楽で、自分の人生が充実して、実力あればこそ、できる

・グチを吐く人はまだ甘い環境にいる。本当に大変な場で生きている人は、グチも出ない

・定期券を改札口で出してみせるように、出すべき処だけ、自我を出せばいいのであって、いつもいつも出して見せびらかすものではない

・人間関係というのは、後で顔を合わして間が悪くならないようにするのが、最高の付き合い方

・人と人との会話というものは、相手が返事のしやすいようにしゃべるべき

・人は、点と点とのつきあいでよい。全貌くまなく捉える線のつきあいでなくともよい

・元気は伝染する。元気の光源になれるような人は、どんなに年をとっていても、少女であり、少年である

・昔のことを言ってもいいが、昔のことを責めてはいけない

・生きるということは、つまり、作り笑いをする、ということにほかならない

・苦しいことを苦しいと言ってはいけない。苦しいことを面白いと言い、面白いことはつまならないと表現する。これが本当の大人

・女はほめられ上手にならなければいけない。ほめられて得意になるのは仕方ないとして、ほめ言葉を分析できるだけの女のチエは持たなければいけない

・イライラしていたら、化粧の効き目がなくなる

・若いときのような持久力、瞬発力が失われた、美貌があせた、と嘆く人もあるが、失われたものを取り返そうと思うと、しんどい。それよりも、日々少なくなるカードを切り直し切り直し、手持ちのカードだけで何とかやりくりするほうがよい

・自分のしゃべるのを人が黙って聞いてくれている、その怖さ、面目なさ、申しわけなさ、ありがたさ、嬉しさ、もったいなさ、を気付かないでいるのは、老いたるシルシ

・ある時期、モロモロの思い出をさっぱり忘れ果て、命の洗濯をすることも必要。そうして、楽しいことや嬉しいこと、自分がおぼえていて、トクになることだけ、おぼえておく

・苦労は忘れてしまえば、元々ないのと一緒



本書の最後に、著者は「過ぎしこと、まあよし」と書かれています。それを解釈すると、何かを求めて、それが叶わなかったとしてもいい。何も求めず、ただ生きていたとしてもいい。とにかく、くよくよしないこと、ということになります。

「とにかく、くよくよしないこと」、それが上機嫌の作法なのかもしれません。


[ 2013/10/06 07:00 ] 田辺聖子・本 | TB(0) | CM(2)
>苦労は忘れてしまえば、元々ないのと一緒

過ぎ去ってしまえば、忘れてしまうんでしょうね。

苦労はしたくない、というのが本音ですが、「逆境が人を強くする」とも言われますし、あまり恵まれすぎた環境でえ人は成長しないようです。

生活が複雑になりすぎて、実際に起きていることよりも、漠然とした不安によって、気持ちが不安定になることが多いように感じます。

いつも上機嫌でいたいですね。
[ 2013/10/06 07:14 ] [ 編集 ]
上機嫌
過去を忘れるためには、
毎朝が新たなスタートと思うのがいいですね。
せめて、午前中だけでも、
鼻歌が出るくらい、上機嫌でいたいものです。
[ 2013/10/07 18:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL