とは学

「・・・とは」の哲学

『人間、このタガの外れた生き物』池田清彦

人間、このタガの外れた生き物 (ベスト新書)人間、このタガの外れた生き物 (ベスト新書)
(2013/05/09)
池田 清彦

商品詳細を見る

著者の本を紹介するのは、「正しく生きるとはどういうことか」「楽しく生きるのに努力はいらない」「他人と深く関わらずに生きるには」に次ぎ4冊目になります。過去3冊は、人間学的な本でしたが、本書は著者の専門である生物学的な部分が多い本です。

生物学者の顔を持ち、生物・生態学から人間を観察するという視点は、本書にも、如何なく発揮されているように思います。それらの一部を要約して、紹介させていただきます。



・「人間が戦争を始めたのは言語があるせいだ。言語と家族愛と農耕が、戦争の3つの原因」(山極寿一)

・今まで住んでいた所のほうが、餌のありかも狩りの場所もわかるし、住みいいに決まっている。にもかかわらず、どこかへ行くという危険をあえて冒すというのは、好奇心。「好奇心のある人」「命を賭けて危険なことをする人」がいたお陰で、人類は世界を席巻した

・野生動物が家畜になると繁殖期が年がら年中になるのは、人間に馴致されて、餌がいつでもあるから。野生動物としての本来持っている性質を失って、だんだん人間に似てくる

・病気というのは、生物を絶滅させる大きな原因。ニホンオオカミが絶滅したのも犬のジステンバーのせい。東インド諸島の風土病の梅毒、アフリカの風土病のエイズもあっという間に世界に広がった。しかし、遺伝的多様性が高いと、集団全体が絶滅する確率は低い

・嫉妬というのは、もともと人間が持っている本能的な性質ではない。女と男のエッチの奪い合いと関係している

・ニホンザルは、政権交代する時に、メスに気に入られないと、なかなかボスの座に就けない。動物の場合、メスがその気にならないと交尾は絶対にできない

・人類は最初50人ぐらいの小さな集団をつくって暮らしていた。ただ、その中で遺伝子の交換をやっていると、近親相姦になる。部族と部族が、嫁を交換するというのは、遺伝子交換システムと社会の秩序形成にとっても重大なことであった

・人間は一番力の強い者が勝つということにはなっていない。ものすごいコミュニケーションをして、権謀術策を握ったほうが勝つようになっている

・エネルギーがすごく高くなると、賃金の安いところで製品をつくっても、輸送費にものすごい金がかかる。そうなると、「地産地消」にならざるを得なくなって、経済は縮小する

・今やアメリカだけが鎖国に耐えられる国。食糧自給率が130%、エネルギーも現在は75%ぐらいだが、シェールガス・オイルが出て、近未来にはエネルギー自給率が100%を超える

・自国にエネルギーがないのに、戦争をやったら負けるに決まっている。エネルギーを自給できるようになれば、別によその国に何を言われたってほっとけばいい

・エネルギーの分布と、エネルギーのと、エネルギーの調達が、すべての世界戦略に関係していて、この世界はみんな、結局はエネルギーによって決められている

・人間には、ネポティズム(身びいき)という生得的な性質がある。社会主義が破綻したのも、「みんなで分かち合えば、みんなが幸せになれる」のが、結局は、自分の家族や自分の近隣を大事にしたから。大きな組織で社会主義みたいなことをやるのは無理がある

・そもそも人類は50人程度の集団で長い間暮らしてきたわけで、ムチャクチャでかい集団を、博愛とか平等とかで、管理していくというのは無理

家畜化した動物は、みんな長生きする。人間化する。野生の雀は2年ぐらいしか生きないが、飼うと10年くらい生きている。猫も人間が飼うと長生きする

・グローバリズムというのは、この世の最終権力を国民国家から多国籍企業に委譲すること。グローバリゼーションがなくならない限り、景気がよくても、増えるのは非正規労働者ばかり。それに対処するためには、「1.鎖国する」「2.外国に行ってしまう」こと

・うんと自信がある子は、いじめられても気にしないから、いじめられない。独りでも平気、友達なんかいなくても平気という人間は、いじめようがない

・自分の現在あるお金、見合ったお金で何をして遊ぶかということ。高級車を買ったり、外国旅行に行ったりはできなくても、それなりに楽しいことはいくらでもある

・男性ホルモンがたくさん出る人は、一時的に元気だけど、老化が進む。去勢したオス(哺乳類)は長生きする。中国の宦官の寿命は、普通の男の人より長かった



本書には、生物学的知識と人間行動学を融合した雑学が数多く載せられています。

どうでもいいことも多いですが、ハッとさせられることや、日ごろの行動を反省させられることも、少なからずあります。軽い気持ちで読むのには、面白い本ではないでしょうか。


[ 2013/09/26 07:00 ] 池田清彦・本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL