とは学

「・・・とは」の哲学

『日本人と日本文化』司馬遼太郎、ドナルドキーン

日本人と日本文化 (中公文庫)日本人と日本文化 (中公文庫)
(1996/08/18)
司馬 遼太郎、ドナルド キーン 他

商品詳細を見る

初版は1972年のロングセラーの書です。日米の叡智である二人が、日本人と日本文化について深く詳細に語り合う内容です。

二人の語り合うところは、歴史的にも、好奇心をかき立てられます。それらの一部を要約して、紹介させていただきます。



・日本の歴史を眺めていると、あらゆる面に外国文化に対する「愛と憎」「受容と抵抗」の関係がある。源氏物語にも中華文化崇拝のところもあるが、「唐めきたり」という形容詞には、「日本らしくない」「わざとハイカラな姿」という悪い意味で使われている(キーン)

・朝鮮人は、新羅の末期に、朝鮮語の名前を捨てて、中国名前になってしまった。官僚制度もそうなって、徹底的に儒教体制をやり出した。それが最も徹底したのが李朝からで、1900年初頭まで続いた。つまり、500年間、生活の端々まで中国原理的になる(司馬)

・芭蕉の俳句には「私」のような言葉が出てこない。非常に公平、客観的にものを見る。主観的に女性らしくものを書くことは、まずなかった(キーン)

・中国人というのは、地上に生えたもの、地上を動かしているもの、目に見えるもの、食べることができるものしか認めない。密教は観念論議だから、中国人の体質になんとなく合わなかった。中国密教の長老は、空海が来たので、その全部を受け渡してしまう(司馬)

・一休の悩みには、不思議な普遍性がある。アメリカで講演したら、みんな感激していた。一休は、偽善者を徹底的に嫌って、罵って、ある意味わがままな、不道徳な生活をしたのだが、彼の怒り、憤慨は、本当に身をもって理解できる(キーン)

・日本には、いろんな宗教が入ってきたが、日本人と一番ウマが合った宗教が禅。幕末あたりで出てくる武士も、禅的な人間が多い(司馬)

・人間は皆同じだというのは、足利義政にとっては、生きた血の通った実感ではなくて、禅に凝っていたために、それが観念になっていた。そんなことを言い続けなくても、ただ飢えたものを助けてやればよさそうなもの。しかし、彼は観念に生きた(司馬)

・日本人の趣味からいうと、金よりも銀のほうが合っている。金の温かい黄色よりも、銀のような淋しい色のほうが日本的。そういう意味で、金閣寺より銀閣寺のほうが親しみやすかった。東山文化の墨絵、お花、茶の湯というものは、同じ銀の世界(キーン)

・中世は、叡山の仏教的権威とか、公家の権威とか、室町大名の権威とか、血統とか、権威に満ち溢れていた。東山時代になると、それらは、亡霊みたいにかぼそくなった(司馬)

・応仁の乱は、革命意識もなければ、勝ち負け意識もない変な戦争だったが、生態史観的には、一種の自然発生的な革命作用だった。その後、京都の新しい文化が出てきた(司馬)

・足利義満の金の文化に対する義政の銀の文化、織田信長が支配すると、また金が復権する。世界にパッと窓が開かれた気分が「金」になり、世界に窓を閉ざすと、日本的なものが生まれ、「銀」が復活する。日本の文化史では、このことは繰り返す(司馬)

・中国人だと、黒っぽくなった広隆寺の弥勒菩薩は、金箔に塗り直す。朝鮮でも、朱塗りの剥げた法隆寺などの古い建物は、どぎつい青、赤に塗り直す。日本人は、地肌しか見えないものに美しさを感じる。利休の精神は、千年前からあった(司馬)

・源平時代から戦国時代まで、いろんな合戦があったが、勝負の結果が決まったのは、だいたい「裏切り」だった(キーン)

・忠義というものは、その人がサラリーを直にもらっている主人と従者の間だけに成立するもの。薩摩の侍は、島津の殿様への忠義はあるが、徳川将軍家への忠義はない(司馬)

・世界の民族では、回教なら回教、キリスト教ならキリスト教、儒教なら儒教、つまり絶対原理なようなもので、飼い馴らされないと、社会はできないと思われていた(司馬)

・孟子を偉い人だと言って、「孟子」の講義ばかりしていた人は、江戸時代を通じて、吉田松陰だけ。だとすると、我々日本人は、儒教の影響をたいして受けていなかった(司馬)

・平安朝の文学の多くの傑作は、女性によって書かれた。それらには普遍性がる。女性は外の世界をあまり見ないで、自分の内面を見つめる。女性が感ずるような人間の内面的感情は、国を問わず、時代を問わず、みな共通(キーン)

・奇人は、たいへんな知恵とか知識とか、際立ってすぐれたものを持っていないといけない。それがあれば、閉鎖的な社会の通風口として、ラベルを貼ってくれる場がある(司馬)



日本文学の研究者であるキーンさんと歴史作家である司馬さんが、見事にかみ合った傑作対談集です。

本書は、日本人の精神とは何かが、海外の視点と歴史の視点を通して、抽出されている良書ではないでしょうか。


[ 2013/09/15 07:00 ] 司馬遼太郎・本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL