とは学

「・・・とは」の哲学

『身軽にいきましょうや―中年からのスピリチュアル・ライフ』町田宗鳳

身軽にいきましょうや―中年からのスピリチュアル・ライフ身軽にいきましょうや―中年からのスピリチュアル・ライフ
(2004/07)
町田 宗鳳

商品詳細を見る

元禅僧で、ハーバード大学出身の大学教授である著者の書を紹介するのは、「法然対明恵」「野性の哲学」「法然愚に還る喜び」に次ぎ4冊目です。

本書は、宗教学者の専門書ではなく、あくまで一般書として書かれたものです。その分、読みやすい内容になっています。著者の意見や感情などを知ることができます。それらの一部を要約して、気軽に紹介させていただきます。



・欲が多い人は、それだけ生命力が旺盛なわけだから、悩みが多いのは人間的勲章。しかし、中年になれば、欲を減らしていくべき、五十、六十になって、強欲なのは恥ずかしい

・自分という人間の器を大きくしていく楽しみに勝るものはない。毎日がそのための修行

・世間の動きから一歩退いて、ひたすら魂の浄化を心がけている人は、孤独に耐えることを求められる。どうでもいいことは、世間に合わせておけばいいが、肝心なところでは、妥協をしない、自分の魂を売らないという覚悟が大切

・現代日本人は、ますます孤独に弱くなっている。いつも群れて、目先のことにワイワイと興奮したがる

・神さまとは、「いのち」のこと。絶対に死に絶えることのない生命を「いのち」と言う

・人間は、試練を乗り越えていくたびに、器が大きくなる。何にも動じない自信が生まれてくる

・人間だけでなく、動物も植物も微生物も、山も川も森も、全部、太陽のおかげで生きている。朝の太陽を見ていると、自分の体の中に「いのち」のエネルギーがすっと入ってくるのを感じる。私たちは、この大きな「いのち」の力で生かされている

・大切なのは「私が始める」という決意、ひとりでやる覚悟。宇宙のリズムにあった穏やかないい気(陽気、やる気、元気など)を出し始めると、必ず周りが変わってくる

人生は壮大な実験。やってみたいと思ったことは、物おじせず、どんどんやればいい。自分さえ本気なら、支離滅裂でもいい

・今の日本が直面している大きな問題は「生命感覚の鈍り

・無意識のうちに子供は「お父さんもお母さんも本音で生きて」とメッセージを送っている。本音で生きていない人には、どこか皮相なものを感じる。子供は驚くべき感知力で、そのごまかしを見抜く。子供の側から見ると、親の年収や職業などは大したことではない

・自分のやりたいことを見つけるというのは、とどのつまり、本音で生きられるようになるということ

・苦手な相手を受け入れるには、自分を空白にし、しかも相手の幸せを念じる以外にない。こんなことは、自分中心の考え方を捨てない限り、できない相談

・ひがみっぽい人と高慢ちきな人、この両者に共通していることは、心の深いところに、大きな劣等感を巣くっていること

・殿様がいる城を中心に、直臣、侍、商人、職人、農民の各階層が遠心状に並んでおり、自分の身分が保障されたければ、その権威を中心とした社会構造に挑戦してはならないという「城下町メンタリティー」が、ここ数百年続いてきている

群れなければ引きこもる引きこもらなければ群れる。日本人は、プライベートな時間や空間の楽しみ方が下手

・山の「いのち」と人間の「いのち」が呼応し合って、自分の中に新しい生命力が生まれてくる。生命力バッテリーが弱っているときは、山から充電してもらうことができる。そういう山と身近に暮らしている日本人は幸せ

・水の音や鳥の声を聞きながら、川辺でぼんやりしていても、立派な瞑想。浜辺で聞く海の音も、夜空を見上げて、美しい星座に見入るのも最高の瞑想

・一般的に禅をやる人には、自意識過剰の人が多い。どうせ禅をやるなら、そういう意識が消えるまで、徹底してやるべき

・命がけで真剣に生きてきた者が、ごく自然に身につけている「軽み」は、見ていてもすがすがしいが、わざと「軽み」をてらった振る舞いは、軽薄にすぎない



日本人は、中高年になっても、欲のまま生きて、人と群れてばかりいる人が多いように思います。いわゆる大人になれない大人が増えています。それは恥ずかしいこと、情けないこと、という認識を社会が持つべきなのかもしれません。

本書は、中高年が、気軽に、シンプルに、力を抜いて生きていくことをすすめるものです。日ごろ、ストレスを抱えて日常生活を送っている方には、おすすめの書です。


[ 2013/09/13 07:00 ] 町田宗鳳・本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL