とは学

「・・・とは」の哲学

『いま里山が必要な理由』田中淳夫

いま里山が必要な理由いま里山が必要な理由
(2011/01/08)
田中 淳夫

商品詳細を見る

著者の本を紹介するのは、「日本人が知っておきたい森林の新常識」「森林異変」に次ぎ、3冊目です。今回のテーマは里山です。里山は、人間の営みと自然の接点です。

本書は、その里山が果たしてきた役割と、今後里山をどうすることが、次世代にとっていいのかを検証する内容です。参考になる点が数多くありました。それらの中から一部を要約して、紹介させていただきます。



・雑木林に生えているのは、光がよく当たる地に生える樹種。しかも、土地は痩せている方を好む。周りにライバルの植物がない間に、光を存分に浴びて早く成長する。先に木が茂っていると育ちにくいから、森が「破壊」されて、暗い森が再び明るくなることを喜ぶ

・雑木林のような森林を、学問的には「二次林」と呼ぶ。いったん伐採されてから生え直した森林で、太い木は少なく、丈もあまり高くない。おかげで林床に光が入りやすいから、草も育ち、そこに昆虫や鳥獣も集まる

・里山とは、人が関与して、改変された自然。人の取り分(収穫物)がある上に、その他の生命にも生きる場を与えていること。自然を破壊した跡地でもなく、原生自然でもない、新しい生態系を築いていること。結果的に人の営みと共存している二次的自然

焼畑は、放棄後1年でブッシュに覆われ、5年もたつと、それなりの背丈の木が生える。しかし、その森は二次林であり、原生林とは違う。つまり里山。アマゾンのジャングルも、その3分の1から3分の2は、人が意図的につくった森林で里山と言える

縄文時代の森林のうち、1~2割が焼畑の影響を受けている。土壌の研究からも。縄文時代には、かなりの面積が草原だった。現在の日本列島は、放置すると森林化が進むが、かつては列島の何割かが草原だった

・山火事、川の氾濫、山崩れ、火山噴火、異常気象などの要因が、あるスパンで原生林を破壊する。自然の遷移を眺めれば、草原も雑木林も原生林も大きなサイクルの一部

・人が手を加えないで保たれる自然はごく一部。原生林には植物も動物も少ない。林内は暗くて草が生えにくい。草に寄る昆虫や鳥獣も少ない。樹木も優先種中心で多様ではない

・森林だけでなく、草地や砂地があり、蛇行する小川が流れ、湿地も河原もある。さらに建築物もある環境を人為的に残すことによって、里山は維持できる

・トキは典型的な里山の鳥。田んぼのドジョウやサワガニを食し、雑木林の木の上に巣をつくる。同じく里山に適応した鳥には、サシバやオオタカ、シラサギ、コゲラ、メジロ、コウノトリなどが挙げられる。トキは里山が変化する過程で滅びの道をたどったと言える

・里山とはシステムである。システムは動いてこそ意味がある。自然も人の暮らしも、固定させてはシステムではない。時間と共に変化すると捉えないと、里山は維持できない

・「放棄」は、多様な自然を誇った里山を崩壊させていく。面積が減少するわけではないが、気がついたときには、見た目の緑とは裏腹に、生物の少ない地域になり、質的に低下する

・「放棄」された雑木林や棚田などにタケが生え始めると、一般の樹木や草は排除されて、里山は竹林になる。そのタケは、実は江戸時代に中国からの「移入種」モウソウチク。太いタケノコが収穫できるし、建築材にもなる。日本古来のタケより繁殖力がはるかに強い

・薪や木炭が減った。落葉かきや下草刈りもやらなくなった。農地が放棄された。そのため、荒れ地の森林化が進んだ。おかげで、タヌキ、キツネ、イタチなどが増え、イノシシ、シカ、ノウサギなどの野性動物も増えた。その結果、各地で「獣害」が問題になっている

・今や里山では、合法・非合法を問わず、都市部の産業廃棄物が流れ込む。それを根本的に防ぐ手立てはない。ゴルフ場建設が反対運動で中止後、産業廃棄物処分場になった例もある

・キノコが生えない里山は健全ではない。菌根菌は、植物と共生して成長を助ける。腐生菌は、落葉や落枝、倒木などを分解して土に戻す

オオタカは、中型の里山の鳥。人里に近い自然に棲む。餌には、意外やドバトやカラスが多い。しかも、それらを獲る場所は森の中ではなく、周辺の田畑や道路周辺

・里山で「仕事」をして「商品」を生み出し、「販売」することで「金」を得る。その「金」で「支払」をし、「投資」して、さらに「仕事」をつくる。それが里山を持続するシステム。生活に根付いた「そこそこ儲ける」システムこそが、「里山システム」



里山の必要性が叫ばれ始めてから、10年以上経ちますが、イメージではわかっているつもりでも、具体的に、どういう利点があるのか、わからずじまいでした。

本書を読むと、里山の必要性がよくわかります。人と自然をつなぐ境界こそが里山であり、その里山がなくなれば、人も自然もおかしくなるということなのかもしれません。


[ 2013/08/01 07:00 ] 田中淳夫・本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL