とは学

「・・・とは」の哲学

『オヤジの知恵』早坂茂三

オヤジの知恵 (集英社文庫)オヤジの知恵 (集英社文庫)
(2002/04/18)
早坂 茂三

商品詳細を見る

著者は、田中角栄の第一秘書をされていました。田中角栄を真横で見てこられた方なので、田中角栄の言動が手に取るように伝わってきます。

本書には、田中角栄の回想録も数多く載っています。それらの一部を要約して、紹介させていただきます。



・「失敗はイヤというほど、したほうがいい。そうすると、バカでない限り、骨身に沁みる。反射神経が身についてくる。判断力、分別ができてくる。これが成長の正体だ」

・「大勢の人に寄ってもらうためにはどうするか?約束したら守る。実行することだ。人のいやがることを進んでやる。他人のために汗を流すことだ」

・「自分のことは自分でやれ、他人に甘ったれるな、人様に迷惑をかけるな。この人間の在るべき三条件を幼時から子供の肌に焼きつけたほうがいい」

・「大切にしているのは、何よりも人間との接し方だ。それは戦略や戦術ではない」

・「心せよ惻隠の情。これをなくすな。なければ、すぐにも用意せよ」

・「すぐれた指導者は、人間を好き嫌いしない。能力を見分けて、要所、要所に配置する。進むべき方向を明確に示し、後は裁量に任せる。肝心なのは大事を任せられる人を見つけることだ」

・「世間で何よりも恐ろしいのは人の口だ。善行は簡単には伝わらないが、悪口はテレビのCMよりも伝播能力がある」

・「頂上を極めるためには敵を減らすことだ。人の好き嫌いはするな。誰に対しても一視同仁。いつでも平らに接しろ」

・「喧嘩をしても勝てる。この自信があれば心に余裕ができる。この余裕が言動すべてに行き届く」

・「大事なのは数字と事実だ。耳ざわりのいい形容詞にだまされるな。嘘か本当か。調べればすぐ分かる。根拠に乏しい屁理屈は、たちどころに化けの皮がはがれる」

・「若い人にぜひ言いたいのは、頑固であれということだ。簡単に妥協するな。少数派になることを恐れるな。そして意地を張れ。突っ張れ。爪先立ちをしろ肩に力を入れろ。それが若さというものだ」

・「金と女は追いかければ逃げていくが、自分を作ることに本気で専念すれば、今度は向こうから追いかけてくる。そのときが必ず来る。男はそう思って仕事の鬼になったほうがいい」

・「無名の人は失うものがない。ならば、彼がなすべきことは、前進、また前進だけである」

・「日本人は熱しやすく、また、冷めやすい。ツキモノが落ちれば、すとんと伝統的な日常に戻る。これを繰り返してきた」

・「すぐ手を出す人に、それほど悪い人はいない。手の早いというのは、性、善なる人である」

・「凡なること、普通であることは、生きていく上で最大の武器にもなる。相手は油断する。相手は身構えない」

・「インテリ、文化人は安全地帯で人民を見下し、実験室の論理と感性を他人に押しつける人種である。陰湿で執念深い」

・「二千年にわたる水田稲作社会を生きてきた日本人は、今でも本質的に農耕民族である。この実態に目をつぶれば、すべての事実認識を誤ることになる」

・「ワキが甘くて、フトコロの深い人のそばに人間は集まってくる。ワキが固くて、フトコロの浅い人には寄ってこない」

・「日本は大中小無数のボスを中心とした車座社会の連合体だ。メンバーは尻を外に向け、顔はボスに向けて、重層的に同心円を描いて暮らしている」

・「金儲けは人間が流した汗や涙の分量、絞り出した知恵の重さに見合った正当な報酬だ、と見るほうが実態的である」



力とは何か。力を得るには、何を身につければいいのか。そして、人の上にどうすれば立てるのか。

本書には、日本で成功するためのシンプルな鉄則が、記載されています。ここに書かれてあることは、百年経っても変わらないのではないでしょうか。


[ 2013/07/24 07:00 ] 田中角栄・本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL