とは学

「・・・とは」の哲学

『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか・救心録』曽野綾子

善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか 救心録 (祥伝社黄金文庫)善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか 救心録 (祥伝社黄金文庫)
(2009/08/29)
曽野 綾子

商品詳細を見る

著者の本を紹介するのは、「なぜ日本人は成熟できないのか」「完本戎老録」などに次ぎ、5冊目です。いつも、平和ボケの日本人、甘っちょろい大人を叱ってくれます。

本書でも、日本人のノーテンキさに喝を入れ、真の国際人、真の大人とは、どういうものかを数多く教えてくれています。その一部を要約して、紹介させていただきます。


・物事には裏があり、人には陰があると信じ、疑い深く生きれば、裏切られることはない

・善人は自信があるから困る。人の心がわからなくて、自分が善人であることにあぐらをかいているから

・すぐ他人に同情し、手を貸す、情の厚い人間がいる。しかし、このような手の貸し方が、自ら解決しなければいけない当事者に甘える気分を起こさせる

・資金の全額を出すのはよくない。相手51%こっちが49%というのが理想。そうすると、こちらも威張らないし、向こうは誇りを持てる。そして、その後どう自助努力していくかを見守ったほうがいい

・善意ほど恐ろしいものはない。悪意は拒否できるが、善意は拒否する理由がないから

・仮想敵国を想定し、お互いの間に何が起こるか繰り返し繰り返し、予測し、修正し、また予測して、妥協案を考え出すことでやっと、戦争に至らない状態が可能になる

・どこの国でも、近隣の国とは利害が一致せず、肩肘張っていないとやられてしまうと教える。しかし一方で、隣人故に感情も超えて助けなければならない場合があるとも教える

・人間は、時には好意を持って、時には憎悪によって相手を理解する。好意だけで相手を完全に理解できればいいが、人間の眼が鋭くなるのは、多くの場合、憎悪によってである

・話し合いによる平和を実現しようなどと簡単に言う人々こそ、実は平和の敵。平和などというものは、そんなに簡単に実現することはない

・善意でしたことでも、必ず正しいことばかりではない。人間はいつも正しいことだけをするものとは限らないから。善意というのは、「あなたらしい」ということ

かっとなる人は弱い。弱い人間は正視し、調べ、分析するのを恐れる。強い人間は、怒る前に、その対象に関する冷静なデータを集める。好き嫌いは後のこと。まず知ること

・幼児性はオール・オア・ナッシング。あいまいな部分の存在意義を認めようとしない

・人間関係の普遍的な基本形は、ぎくしゃくしたもの。齟齬、誤解、無理解である

・現代人の多くは、人道的なことを言いながら現実の行動は何もせず、知りもしない他人の行動を批判し、体制におもねり、公金を平気で使いながら、自分の意志を通す勇気はなく、どこにも欠点がないようで、実は何一ついいことはしない人物ばかり

・極端な悪人と善人は、共に人を困らせるが、ほどほどの人、いい加減な性格は、嘘つきでない限り、世の中でそれほどの悪をなさない

・泥棒が「泥棒をしちゃいかん」と言うと迫力がある。言葉と人物を一緒にせず、人間がいかに分裂していて、自分にないものを説教するかということを楽しみに感じればいい

・人生の面白さは、そのために払った犠牲と危険と、かなり正確に比例している

・文明の恩恵に浴しながら自然が保たれることなどない。ホタルが飛ぶ土地には、工業も産業もない。ホタルか雇用か、どちらかをとるのが人生

・凧の糸は自由を縛るように見えるが、重い糸に縛られて初めて、凧は強風の青空に舞う

・味方だから受け入れ、自分を非難するようになったら拒否するという思考形態に変わってきたら、老化がかなり進んでいる

・他人は自分の美点と同時に、欠点に好意を持つ。自分の弱点をさらすことによって、相手は慰められる。それは優越感だと怒る必要はない。それもまた、愛の一つの示し方

・愛というのは、見つめ合うことではない。同じ未来を見ること

・人から嫌われた場合、その人の視野から消えてあげるのが、一番穏やかな方法

・親が子にしてやれる最大のことは、子供に期待しないこと



人間とは矛盾した存在、人生は厳しくて当たり前、ということが分かっているのが大人であり、それが分からないのが子供。日本には、成熟した大人が少ないと、著者は言っておられます。

渡る世間が鬼ばかりという現実を見据えれば、成熟した大人になることを目標としなければいけないのかもしれません。


[ 2013/06/26 07:00 ] 曽野綾子・本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL