とは学

「・・・とは」の哲学

強者とは

1.強者とは、
「間違っていても、正しいと主張する人」です。弱者とは、「正しくても、間違いにさせられてしまう人」です

2.強者とは、
「弱者を分断しようとしてくるもの」です。弱者は、強者に対抗して、連携しないといけないものです

3.強者とは、
「弱者同士を敵対させてくるもの」です。弱者は、その罠にはまらないよう、強者だけを敵とみなし、連合して、攻撃しないといけないものです

4.強者とは、
「迎合してくる人に、ほんの少し分け前を与えておけばいいもの」です。弱者は、それをもらうと喜ぶからです

5.強者とは、
「弱者の生き血を吸って生きているもの」です。そのことを忘れ、弱い者いじめをいつまでも続けていたら、いつか足下をすくわれるものです

既得権者とは

1.既得権者とは、
「新参者を邪魔し、拒否する人たち」です。旨い汁を自分らだけで吸いたいからです

2.既得権者とは、
「筋の通らないことを言う人たち」です。頭がいいのに、支離滅裂なことを平気で言うものです

3.既得権者とは、
「現代の貴族のこと」です。つまり、高収入を安定して得る団体の構成メンバーのことです

4.既得権者とは、
「目ざとくて、悪どかったご先祖さんの子孫たち」です

偽善者とは

1.偽善者とは、
「善人たちの時間とカネを掠奪しようとする悪い奴のこと」です

2.偽善者とは、
「その偽善を見抜かれて、心理分析されるのを極端に嫌う人たち」です

3.偽善者とは、
「批判されたら、怒り狂うもの」です。本当の善人は、批判されても、笑っているものです

4.偽善者とは、
「善人でもないけれど、悪人でもない人」です。つまり、そこらにいる普通のおじさん、おばさんです

5.偽善者とは、
「他人のために生きるふりをしながら、自分のために生きている人」です。ちゃっかりしている人です

6.偽善者とは、
「無意識にそうしている場合、周囲の人に多大なる迷惑をまき散らしているもの」です

田舎者とは

1.田舎者とは、
「日本一、世界一に憧れる人」です。すなわち、「大勢の人数、高いビルを見て、目をキョロキョロさせている人」です

2.田舎者とは、
「内には親近感、外には敵愾心を抱く人」です。人間の器が小さい人です

3.田舎者とは、
「都会の中で、田舎出身を隠し、都会人を気取る人」です

4.田舎者とは、
「田舎出身者をバカにする人」です。今の自分の優位性を誇りたいからです

5.田舎者とは、
「自信がない人たち」です。「装飾物、勤務先、居住区、学歴などで、自分を誇示したがるもの」です

6.田舎者とは、
「人は悪くはないが、長いものに巻かれる姑息な奴」です

プライドとは

1.プライドとは、
「自分が弱いときは必要だけれど、強くなったら邪魔になるもの」です

2.プライドとは、
「奴隷にされるのを防ぐ気持ち」です。商売には邪魔になるものです

3.プライドとは、
「目標に向かって走っているときは、消えているもの」です。立ち止まっとき、見え隠れしてしまうものです

4.プライドとは、
「内に秘めるもの」です。それを外に出してしまったなら、嫌みととられるものです

品格とは

1.品格とは、
「立居振舞いや身のこなしの美しさに表れてくるもの」です

2.品格とは、
「顔に表れてくるもの」です。賢さとは、「貯めたお金に現れてくる」ものです

3.品格とは、
「知性や教養があるのに、それを隠せる人に、にじんでいるもの」です

4.品格とは、
「負けたときの態度、謝るときの態度に表れるもの」です

人の気持ちとは

1.人の気持ちとは、
「高ぶりが持続するのは三日間」です。だから、相手には三日以内に決断を迫ることです

2.人の気持ちとは、
「『やりすぎ』と『こだわりすぎ』に動かされるもの」です。『すぎ』は、心をつかむものです

3.人の気持ちとは、
「お金、出世、異性に惑わされるもの」です。人の考えとは、「権威、主義、理論、道徳に惑わされるもの」です

4.人の気持ちとは、
「わからないことが多いもの」です。わからないと思ったら、そっとしておくものです

反省とは

1.反省とは、
「好調なときにはできないが、不調なときにはできるもの」です

2.反省とは、
「ショックを受けて、ビックリしたときに、できるもの」です

3.反省とは、
「有頂天になって、挫折した後で、できるもの」です。つまり、自惚れるくらいの人のほうが反省するものです

4.反省とは、
「『強い自分』が『弱い自分』を説得すること」です。弱い人には反省などできないものです

5.反省とは、
「自分で自分を叱ること」です。反省の苦手な人は、自分を叱ってくれる他人を持つことです

6.反省とは、
「理想の自分が、現実の自分に向かって、問いただすこと」です

7.反省とは、
「鏡を見るようなもの」です。1日に何度も鏡を見るように、何度も反省すべきです

8.反省とは、
「自分の動き、姿、声を録ったものを見れば、しやすくなるもの」です。つまり、三つ目の眼を持つことです

9.反省とは、
「自分を採点すること」です。自分に甘い人は、自分に高得点をつけ、他人に低得点をつけるものです

人間性とは

1.人間性とは、
「母親がつくるもの」です。社会性とは、「父親がつくるもの」です

2.人間性とは、
「その人相に出てくるもの」です。騙されるのは、人相よりも言葉を信じるからです

3.人間性とは、
「出世する最大の条件になるもの」です。それは、みんなが忘れている点です

4.人間性とは、
「失敗したときの謝り方で、だいたい見当がつくもの」です

5.人間性とは、
「人が見ていないところで何をしているかで、判断できるもの」です

6.人間性とは、
「お金の稼ぎ方、お金の使い方、貯まったお金を見れば、だいたい見当がつくもの」です

悩みとは

1.悩みとは、
「他人のせい、世の中のせいにすれば、減っていくもの」です。いい加減な人には、悩みはないものです

2.悩みとは、
「『死ぬわけではない』と思えば吹き飛ぶもの」です。『損する』『負ける』『クビになる』『ふられる』は『死ぬ』に比べれば、大したことないものです

3.悩みとは、
「『どうして悩んでいるのだろうか』を考えれば、不思議となくなっていくもの」です

4.悩みとは、
「自分から対象を見るので、生じてくるもの」です。対象から自分を見たら、消えるものです

5.悩みとは、
「喜怒哀楽を発散させれば、消えていくもの」です。喜怒哀楽は、生命と直結しているからです

6.悩みとは、
「誰かに背中をパ~ンと叩かれ、ハッと気づかされると、サッと消えてしまうもの」です

7.悩みとは、
「捨てることでなくなるもの」です。悩みを捨てる場所、悩みを吐き捨てる相手を持つことは大事なことです

8.悩みとは、
「覚悟を決めた人から、自然となくなっていくもの」です

度胸とは

1.度胸とは、
「覚悟を決めた人でないと、つかないもの」です

2.度胸とは、
「プライドと自信がないと、つかないもの」です。度胸をつけるには、自信過剰になるくらいでちょうどいいものです

3.度胸とは、
「目標に向かって、まい進している人につくもの」です

4.度胸とは、
「安心できる場所や安心できる人に囲まれていたら、つかないもの」です。つけるには、武者修行に出ることです

堕落とは

1.堕落とは、
「カッコをつけていた人が、後ほどに受ける罰」です

2.堕落とは、
「慢心によって起こるもの」です。慢心とは、カネの多さ、地位の高さ、自我の強さ、から生じるものです

3.堕落とは、
「運やおかげを自分の実力だけだと勘違いしたときから始まるもの」です

4.堕落とは、
「だらだら落ちていくのが一番ダメなもの」です。一気に、底まで落ちれば、後は上昇していくだけなので、楽になれるものです

憎悪とは

1.憎悪とは、
「被害を受けたことで起こるもの」です。嫉妬とは、「被害を受けていないのに起こるもの」です。嫉妬のほうが性質が悪いものです

2.憎悪とは、
「相手の前で露わにするもの」です。悪口とは、「人のいるところで言うもの」です。愚痴とは、「人のいないところでこぼすもの」です

3.憎悪とは、
「悲しみや苦しみを誰かのせいにしたいときに生まれてくるもの」です

4.憎悪とは、
「失敗してほしいという強い思い、つまり恨みつらみによって、引き起こされるもの」です

性格とは

1.性格とは、
「カネの稼ぎ方、カネの貯め方、カネの使い方を見れば、だいたいわかるもの」です

2.性格とは、
「付き合っている人や仲間でわかるもの」です。交遊関係が性格をつくっているものです

3.性格とは、
「親のものを知らず知らずのうちに受け継いでいるもの」です。親と仲が悪い場合だけは、反対のものを受け継いでいるものです

4.性格とは、
「家の習慣、住む地域、通う学校によって変わってくるもの」です。環境は大事です

5.性格とは、
「言葉ではなく、行動と結果に表れるもの」です。履歴を見れば、その人の性格はわかるものです

6.性格とは、
「ボスのタイプ(雇う人、独立する人)か、奴隷のタイプ(雇われる人、勤める人)かの真っ二つに分かれるもの」です

7.性格とは、
「アクセルを踏むタイプとブレーキをかけるタイプがあるもの」です。一人二役は難しいので、信頼できる人同士で役割分担するのがいいものです

8.性格とは、
「成功してもほめてくれず、失敗したらけなされると、だんだんひねくれてくるもの」です。けなすばかりの人からは早く離れたほうがいいものです

9.性格とは、
「美しさとたくましさによって、変わるもの」です。肉体改造すると、自信が生まれて、性格も変わってくるものです

スランプとは

1.スランプとは、
「力のある奴が言う言葉」です。力のない奴が、スランプと言うのは、たいていは言い訳です

2.スランプとは、
「目標を持って生きている人の前に立ちはだかる壁のようなもの」です。だらだら生きている人には、スランプはないものです

3.スランプとは、
「向上心がなくなる状態のこと」です。向上心がなくなった人は、好奇心もなくなるものです

4.スランプとは、
「ほめて、おだててくれる人が周りにいれば、脱出できるもの」です

真剣さとは

1.真剣さとは、
「切羽詰まった人に宿るもの」です。安全安心安定の場にいる人にはないものです

2.真剣さとは、
「夢中になっている姿や、のめり込んでいる表情に出てくるもの」です

3.真剣さとは、
「オーバーなジェスチャーや熱弁など、身体の激しい動きに出てくるもの」です

4.真剣さとは、
「貧しい人は恐怖心から生まれ、豊かな人は好奇心から生まれるもの」です。人によって、ムチとアメを使い分けるものです

情熱とは

1.情熱とは、
「思い込みの激しさと負けん気の強さが合体したときに現れるもの」です

2.情熱とは、
「信念が伴わないといけないもの」です。情熱だけであれば、空回りして、長く続かないものです

3.情熱とは、
「言葉に出るもの」です。言葉に出なくても顔に出るものです。顔に出なくてもしぐさに出るものです

4.情熱とは、
「1秒、1円、1cmに勝とうとすること」です。この紙一重が勝敗を決めるものです。最後のひと声、ひと手間、ひと工夫は、後で大きな差になるのです

正直さとは

1.正直さとは、
「正直な姿勢のことを言うもの」です。正直に何でも話すこととは違うものです。ペラペラしゃべる正直者は、みんなに迷惑かけるものです

2.正直さとは、
「裕福な人にあるもの」です。「裕福になりたい人にはないもの」です

3.正直さとは、
「いい人にも、悪い人にも、あるもの」です。ズルさも、いい人にも、悪い人にも、あるものです

4.正直さとは、
「人間関係の苦手な人が、持ち続けているもの」です

自慢とは

1.自慢とは、
「貧乏だったときの話、不良だったときの話、苦労していた話、不遇のときの話、失敗した話の中にあるもの」です

2.自慢とは、
「ウソをつくのと、さほど変わらないもの」です。自分を偽っているために言っているからです

3.自慢とは、
「過去の実績を語るので、嫌われやすいもの」です。将来への夢を語っておけば嫌われないものです

4.自慢とは、
「自分の口から言ってはいけないもの」です。第三者の口に言ってもらうのが最高の自慢方法」です

5.自慢とは、
「上の立場の人には、絶対にしてはいけないもの」です。上の立場の人の自慢を、温かく聞いてあげないといけないからです

6.自慢とは、
「自分へのほめ言葉」です。卑下とは、「自分への悪口」です。どちらもよくないものです

7.自慢とは、
「自己評価が高い人の言動」です。自己評価の低い人と違って、付き合いにくいものです