とは学

「・・・とは」の哲学

威張る人とは

1.威張る人とは、
「威張りたい人のこと」です。ふだんは、おとなしい人です

2.威張る人とは、
「正論を吐くことしか楽しみがない人」です

3.威張る人とは、
「自分より強い人が周りにいないかを確認している人」です

4.威張る人とは、
「偉い人には、腰が低いもの」です。「上下関係を意識している人」です

5.威張る人とは、
「時代や環境が変わっていくことを理解していない人」です。「いずれ滅んでいく人」です

厚かましい人とは

1.厚かましい人とは、
「人を舐めているもの」です。そういう人に、優しく接すれば、より一層、舐めてくるものです

2.厚かましい人とは、
「自分を平凡な人物と考えていないもの」です。しゃしゃり出るのは、自分を偉いと思っているからです

3.厚かましい人とは、
「他人の時間を盗むだけでなく、気分まで害する人」です

4.厚かましい人とは、
「弱い者を見つけ出し、骨までしゃぶろうとする人」です。強い者を前にすれば、すたこら逃げるものです

5.厚かましい人とは、
「隙あらば、自分の失敗や不幸をネタにして、話に割り込んでくる人」です

6.厚かましい人とは、
「野心が口に出てしまうもの」です。ズル賢いい人とは、「野心を隠しとおすもの」です。ズル賢い人のほうが一枚上手です

礼儀とは

1.礼儀とは、
「心の内と手の内を見せない術」です

2.礼儀とは、
「将来敵になるかもしれない相手にこそ、大事なもの」です

3.礼儀とは、
「利己主義者が、自分を隠すために必要なもの」です

4.礼儀とは、
「付き合って得になる人には、怠ってはいけないもの」です。「付き合って何の得にもならない人には、怠ってもいいもの」です

5.礼儀とは、
「足を引っ張られないようにするには、目下の親しくない人にも怠ってはいけないもの」です

優越感とは

1.優越感とは、
「頂上にいて、次に登頂してくる人たちを、冷たく見下しているようなもの」です

2.優越感とは、
「『かわいそうに』と人を見ること」です。『かわいそうに』には、差別の感情が含まれているものです

3.優越感とは、
「資本主義社会の基盤になっている感情」です。誰もが優越感に浸りたいと頑張っているのが、資本主義社会です

4.優越感とは、
「有している人に品格が備わっていなければ、醜く見えるもの」です

[ 2018/11/27 08:00 ] や・ゆ・よ・とは | TB(0) | CM(0)

面接とは

1.面接とは、
「食いつきそうな『お題』を散りばめて、面接官に質問をさせることができれば、うまくいくもの」です。釣りとよく似ているものです

2.面接とは、
「喋りすぎは禁物のもの」です。質問されたことだけ答えるようにすればいいものです

3.面接とは、
「自分の言い分と、自分の気持ちを伝えるのに、またとない機会」です。そう思って臨むものです

4.面接とは、
「顔と言葉で、判断されてしまうもの」です。言葉の使い方に人格が表われやすいものです

マナーとは

1.マナーとは、
「相手より先に笑顔になること、相手より先に会釈すること、相手より先に声をかけること」です。やる気があれば、誰でもできる簡単なことです

2.マナーとは、
「『見た目』にすでに表れているもの」です。服装も化粧もマナーのうちです

3.マナーとは、
「どんな相手にも、笑顔のふりをし、礼儀正しいふりをし、どんな話にも耳を傾けるふりをすること」です。ふりを真面目にやるのがマナーなのです

4.マナーとは、
「相手の時間を奪わないことを心がけること」です