とは学

「・・・とは」の哲学

雑談とは

1.雑談とは、
「本題に入る前置きの話」です。雑談がうまい人は、本題での信頼感も得やすいものです。雑談をバカにしてはいけないものです

2.雑談とは、
「相手の本音を探って、相手の欲しがるものを見つけるために必要なもの」です

3.雑談とは、
「笑ってもらわないと意味がないもの」です。心をほぐさないと、本題に入っていけないからです

4.雑談とは、
「経験豊富な人が面白いもの」です。経験は雑学に勝るものです

謙虚さとは

1.謙虚さとは、
「したたかさの裏返しのようなもの」です。成功者は、みんな謙虚です

2.謙虚さとは、
「失敗したときに叩かれないための保険のようなもの」です

3.謙虚さとは、
「絶頂期にこそ必要なもの」です。絶頂期とは、足を引っ張られる確率の高い危険な時期です

4.謙虚さとは、
「危険を察知したときに、やっと芽生えてくるもの」です

5.謙虚さとは、
「慣れによって、蝕まれ、そして奪われていくもの」です

6.謙虚さとは、
「遅刻、悪口、言い訳、文句の多い人に、欠けているもの」です

7.謙虚さとは、
「『申し訳ない』と感じること」です。傲慢さとは、「『かわいそうに』と思うこと」です。同じように見えても、大きく違うものです

8謙虚さとは、
「自分も社会の歯車の一つに過ぎないと考えられるようになって、初めて生まれてくるもの」です

9.謙虚さとは、
「次の目標を見失った人に欠けてくるもの」です。『これでいいんだ』は、謙虚さの赤信号です

敬語とは

1.敬語とは、
「自分と相手を取り巻く関係が見えていないと、使えないもの」です

2.敬語とは、
「警戒するから使うもの」です。尊敬するから使うものではないものです

3.敬語とは、
「わがままな奴を見つけるのに役立つもの」です。わがままな奴は、自分が偉いと思っているから、敬語など使わないものです

4.敬語とは、
「目上の人に使うもの」です。同時に、「親しくなりたくない人にも使うもの」です

5.敬語とは、
「人と一定の距離を保って付き合っていくのに、便利なもの」です

共感とは

1.共感とは、
「双方の関係」です。同情とは、「一方の関係」です。共感もせずに、同情だけするのは卑怯です

2.共感とは、
「自分が愛するもの(出身地・趣味・ペットなど)を理解してくれた人に対してするもの」です

3.共感とは、
「論理的(文字、数字)なものより、感覚的(写真、映像、イラスト)なもののほうが、しやすいもの」です

4.共感とは、
「決断する前には、ないほうがいいけれど、決断した後には、あったほうがいいもの」です

絆とは

1.絆とは、
「不幸を背負った者同士が持つ偽りの愛のこと」です。でも、この偽りの愛の中に安住していると、向上心が湧いてこなくなるものです

2.絆とは、
「自立を妨げるもの」です。そこから早いうちに脱け出ないといけないものです

3.絆とは、
「お金が絡んでくると、一挙に崩壊してしまうもの」です。悲しいけど、これが現実です

4.絆とは、
「貧しい人にはありがたいものですが、豊かな人には、ありがた迷惑なもの」です

聞くとは

1.聞くとは、
「相手に時間を与えること」です。話すとは、「相手の時間を奪うこと」です

2.聞くとは、
「一緒にいてあげること」です。人は、話の内容云々よりも、一緒にいてもらえたことを喜ぶものです

3.聞くとは、
「共感すること」です。そして、「理解しようとすること」です

4.聞くとは、
「情報をタダでもらうこと」です。生の情報、最先端の情報は、人の口から出てくるものです