とは学

「・・・とは」の哲学

いじめとは

1.いじめとは、
「自分と違うタイプの人によりも、自分に似たタイプの少し弱い者に、してしまうもの」です

2.いじめとは、
「言い返せない人、仕返ししてこない人を対象にするもの」です

3.いじめとは、
「たまりにたまったモヤモヤ、イライラを一気に吐き出す現象」です

4.いじめとは、
「社会は不公平で、自分が不運だと信じ込んでいる人が、してしまうもの」です

5.いじめとは、
「多様性を排除する『生真面目な集団』で起きるもの」です

6.いじめとは、
「多数が少数に対して行う仕打ち」です。多数の弱者が少数の強者をいじめることもあるものです

7.いじめとは、
「精神的に惨めにさせること」です。弱者に必要以上の同情をかけるのも、いじめです

あいさつとは

1.あいさつとは、
「お互いの信頼関係を確かめ合うためのもの」です。型式だけの、心のこもっていないあいさつは逆効果です

2.あいさつとは、
「声を交わすだけではないもの」です。会釈や心配の表情も立派なあいさつになるものです

3.あいさつとは、
「相手の表情を変えるためにするもの」です。あいさつしても、相手の表情が変わらなければ、それは、あいさつのし方がまずいのです

4.あいさつとは、
「『こんにちは』だけで何通りもあるもの」です。相手の性別・年齢、季節・時間帯によって使い分けるものです

5.あいさつとは、
「人付き合いの苦手な人ほど、得意にしないといけないもの」です

わがままな人とは

1.わがままな人とは、
「他人の空間に不法侵入し、他人の時間を窃盗する犯罪者のような人」です

2.わがままな人とは、
「自慢のものを見せびらかし、自分と同じことを他人にすすめてくる人」です

3.わがままな人とは、
「自分がいいから他人もいいだろうと考える人」です。個人主義者とは、「他人なんてどうでもいいと考える人」です

4.わがままな人とは、
「自分をわがままだと思っていない人」です。やっかいな人です

5.わがままな人とは、
「子供がそのまま大人になったような人」です。そういう人ほど、権力を手に入れようとするものです。そして、長生きするものです

6.わがままな人とは、
「他人のわがままにはうるさい人」です。困ったものです

7.わがままな人とは、
「他人に笑われたら、ものすごく怒る人」です。うっとおしい奴です

8.わがままな人とは、
「豪快に見えても、実は、人の噂を気にする小心者」です

ほめ上手の人とは

1.ほめ上手の人とは、
「相手の微妙な変容をほめる人」です。観察力が高くないと、ほめられないものです

2.ほめ上手の人とは、
「相手の持ち物をほめる人」です。服、車、美術品、ペット、花、学歴、出身地等に詳しいと、人の心を開かせられるものです

3.ほめ上手の人とは、
「相手のセンスの良さやこだわりをほめる人」です

4.ほめ上手の人とは、
「間接的にほめる人」です。『○○さんがほめていた』ということ知ると、うれしくなって、その人のことを好きになるものです

5.ほめ上手の人とは、
「聞き上手の人のこと」です。相手の自慢話にうなづいてあげるのは、ほめているのと同じことです

6.ほめ上手の人とは、
「別れ際に、ねぎらいや感謝の言葉を口にする人」です。これができると温かい人、できないと冷たい人と呼ばれるのです

ひきこもり

1.ひきこもりとは、
「違いを強く感じる人に多いもの」です。多様性を認めず、同調圧力を強いる社会では、ひきこもりが増えても止むを得ないものです

2.ひきこもりとは、
「現実逃避できる経済的基盤や支援のある人」です。ひきこもりで貧乏になった人はいても、その逆はいないものです

3.ひきこもりとは、
「昔で言えば、高等遊民のこと」です。ただし、今では、劣等も交じっているものです

4.ひきこもりとは、
「指図したいのに、指図される立場になった人に起きる現象」です

5.ひきこもりとは、
「自分で立てた人生計画を捨てたということ」です。再度、新しい人生計画を立て直す準備期間です

話し上手な人とは

1.話し上手な人とは、
「言いかけてやめる人」です。つまり、関心をつながせるのが上手い人です

2.話し上手な人とは、
「聞き手の無言の反応を読む力のある人」です。つまり、聞き手の目と顔を見ている人です

3.話し上手な人とは、
「相手が話してほしいことを察して、話すことができる器用な人」です

4.話し上手な人とは、
「例えが上手で、相手の頭の中にイメージを描かせることができる人」です

5.話し上手な人とは、
「ネタをいっぱいためている人」です。話し方とは、ネタをアレンジする応用技術です。話は、ネタがないことには始まらないものです

6.話し上手な人とは、
「損得、実績、恐怖、希望、権威、親近感を上手に使い分けて、話ができる人」です

7.話し上手な人とは、
「心地よい『リズム』と『間』を声で操ることができる人」です

8.話し上手な人とは、
「大きい声、明るい声、落ち着いた声、早口、ゆっくりとした口調、つぶやき調など、その場に応じた声や口調を使い分ける人」です